「小さかったから好きだった」アグエロが少年時代に憧れた、“敵国”の小柄なストライカーとは?

「小さかったから好きだった」アグエロが少年時代に憧れた、“敵国”の小柄なストライカーとは?

子どもの頃のスターを告白したアグエロ。 (C)Getty Images



 幼少期にプロ選手を見て、自分と違うタイプだからあこがれる人もいれば、自分と似たスタイルだから好きになるという人もいる。

 マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロは、後者だった。英衛星放送『Sky Sports』によると、アグエロはソーシャルメディアでのティエリ・アンリとの対談で、元イングランド代表のマイケル・オーウェンが好きだったと話した。

「子どものころはオーウェンを見ていた。ずっと言ってきたし、僕の本にも書いてあるんだけど、彼は小さかったから好きだったんだよ」と語っている。

「彼は背番号10だった。僕も同じだったんだ。そしてFWだった。だから、彼のように小さい選手がプレミアリーグでうまくやれるなら、自分にもできるはずだと言い聞かせていたんだ」

 特にアグエロ少年の目を引いたのが、1998年のフランス・ワールドカップで、母国アルゼンチン戦を相手にオーウェンの決めたゴールだった。

「イングランド代表で素晴らしいゴールを決めたんだ。あのゴールを見た時は、自分の目が信じられなかったよ」と続けている。

「近所で大会を見ていたんだけど、オーウェンが大好きだとみんなに言い回っていた」

 成長し、プロ選手となったアグエロは、母国でのプレーを経て欧州に渡った。まずはアトレティコ・マドリー、そしてシティで活躍してきた。

「幸いにも、ふたつのベストリーグでやれた。でも、個人的にはプレミアのほうが好きだね。ラ・リーガもプレミアも本当に楽しんだ。だけど、プレミアはファンタスティックだ」

「雰囲気が素晴らしいんだ。どんな試合でもスタジアムが満員でね。美しい。速いサッカーだし、僕はそれが好きなんだよ」

 そのプレミアリーグで、アグエロはオーウェンを上回るゴールを量産してきた。6月で32歳になるベテランストライカーは、あとどれほどシティとプレミアリーグを沸かせてくれるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】アグエロが驚愕!オーウェンがアルゼンチン戦で決めた衝撃の独走弾

関連記事(外部サイト)