「間違いなく169キロは出てた!」“皇帝”アドリアーノがインテル時代に決めた“世界最速FK弾”を回想

「間違いなく169キロは出てた!」“皇帝”アドリアーノがインテル時代に決めた“世界最速FK弾”を回想

インテル時代に異彩を放ったアドリアーノが若き日に決めた衝撃弾を振り返った。 (C) Getty Images



 そのパワフルなドリブルと卓越したシュートスキルでカルチョを席巻したのが、元ブラジル代表FWのアドリアーノだ。

 とりわけフィオレンティーナとパルマでのレンタルを経て、約5年間在籍したインテルでは、“皇帝”と恐れられた豪快なプレーで守備の名手たちを圧倒。セリエA4連覇にも大きく貢献した。

 そんなアドリアーノの忘れられないゴラッソの一つが、2001年8月に敵地サンティアゴ・ベルナベウで開催されたレアル・マドリーとのフレンドリーマッチで決めた一撃だ。

 1-1で迎えた89分に敵ゴール正面で得たFKで、これがインテルでのデビュー戦だったアドリアーノは、十分な助走を取ってから左足一閃。豪快に蹴り出されたボールは、弾丸のようなスピードでゴール右上へと突き刺さったのである。

 マドリーゴールを守っていた名手イケル・カシージャスもお手上げ状態だった若き日の衝撃弾を、インテルの公式インタビューで、アドリアーノはこう振り返っている。

「公式戦ではなかったけど、インテルでのデビューは夢のようだった。ピッチに上がった時から特に何も考えずに『やれることをしよう』とだけ想っていた。そしてできることの全てをやった。あのフリーキックの瞬間は、ベンチから『お前が蹴れ』と言われたことを覚えている。それで無我夢中で蹴り込んだんだ」
 
 目に止まらなかったシュートについて、「俺はずっとストリートや家で左足だけを磨いてきた」と振り返ったストライカーは、こう続けている。

「家のドアや物を壊して、母親を何度も怒らせたぐらいの破壊力のあるキックだ。それを世界に見せつけてやったんだよ。たぶんだけど、世界最速だったと思うよ」

 現在ギネスブックに登録されている世界最速のシュートは、スペインのテレビ番組で、フランシスコ・ハビア・ガラン・マリンさんが記録した80マイル(129キロ)となっている。

「間違いなく105マイル(169キロ)は出てた。あの時のチームメイトもそう言っていたよ」

 実際にアドリアーノのシュートは世界最速だったのか――。当時の映像を見る限りは、あながち大袈裟ではなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)