謎の吐き気と下痢。自分の身体ではないような感覚に襲われ…【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP3】

謎の吐き気と下痢。自分の身体ではないような感覚に襲われ…【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP3】

ワールドカップのアジア1次予選でも活躍した福田が、アウェーのUAE戦では……。写真:サッカーダイジェスト



 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦いに挑んだ日本代表の物語であると同時に、福田自身の激闘記でもある。今回は<エピソード3>だ。

【前回までのあらすじ】
 オフトジャパンで最初は反発しながらもハンス・オフト監督との信頼関係を築いた福田は、代表チームでトップ下に定着。ダイナスティカップに続き、アジアカップでも優勝に貢献し、ここまでは良い流れで来ていた。しかし──。

<エピソード3>
 1992年11月のアジアカップ制覇で、オフトジャパンへの注目度は高まった。翌年にJリーグの開幕が控えていることもあり、日本で空前のサッカーブームが起ころうとしていた。それを肌で感じていた福田の内面にもある変化があった。

「アジアカップの優勝で、自分に期待する部分が出てきたよね。『やらなきゃいけない』って」

 世の中的に「ワールドカップに出られるんじゃないか」という機運が高まっていたからでもあるだろう。この頃になると、福田は自分に大きな期待をするようになった。ダイナスティカップに続き、アジアカップでも貴重なゴールを挙げるなどして優勝に貢献したのだから、決して驕りではない。むしろ、当然の心の変化である。

 ただ、その期待が力みを生むきっかけにもなったと言えるだろう。実際、93年4月から始まるアメリカ・ワールドカップ・アジア1次予選に向け、「平常心を保てなかった」と福田は証言している。

「それまでほとんど来なかったメディアが(93年2月の)イタリア遠征にどっと押し寄せ、神戸や沖縄のキャンプにも凄い人数が来る。Jリーグの開幕も迫っていて『ワーッ!!』となっていたから、もの凄いプレッシャーを受けていた。平常心なんか保てないよ」
 
 迎えたアジア1次予選、ホームで迎えた初戦の相手はタイだった。グループFに組み込まれた日本は、タイの他にUAE、バングラデシュ、スリランカと同居。ここから最終予選に進めるのは1か国という条件を考えれば、このタイ戦(4月8日)での勝利は必須だった。

「みんなガチガチで、かたい試合になったよ。タイが上手いというのもあって、最初はなかなかペースを握れなかった」

 それでも、0−0で迎えた29分、福田が決定機を演出する。森保からボールを受けると、ルックアップしないまま前線の三浦知良(以下カズ)へ絶妙なパスを送ったのだ。これをカズが左足のハーフボレーで蹴り込み、日本は待望の先制点を奪う。福田曰くこのアシストが「タイ戦でやった唯一の仕事」だった。
 

 当時の1次予選はホーム&アウェー方式ではなく、ダブルセントラル方式(第1ラウンドを東京、第2ラウンドをUAEのドバイで開催)。最初の4試合を東京、残り4試合をドバイで戦う日本が1次予選を突破するにはホームで全勝できるかが大きなポイントで、その意味でタイ戦の勝利(1−0)の価値は計り知れないものがあった。

 実際、4月11日に行なわれた2戦目でバングラデシュを8−0と一蹴すると、続くスリランカ戦(4月15日)も5−0と大勝。そして“大一番”と目されたUAE戦(4月18日)を柱谷哲二と高木琢也のゴールで制した日本は、ドバイ・ラウンドでもタイに1−0、バングラデシュに4−1、スリランカには6−0と順調に白星を積み重ねていった。

 残り1試合で、首位の日本は2位のUAEに勝点で「2」、得失点で「11」の差をつけていた。UAEとの直接対決を前に大きなアドバンテージを得ていた日本は、この1次予選の最終戦(5月7日)を1−1で乗り切り、93年10月にスタートする最終予選へと駒を進めた。

 オフトジャパンの航海は順調のように見えた。ただ、この時すでに福田は大きなアクシデントに襲われていた。

「俺自身にとって、中東遠征は初めての経験だった。実は、UAE戦の前に体調を崩した。何に当たったのか、原因に心当たりがないんだけど、とんでもないコンディションになった。酷い下痢と吐き気に襲われて、とても試合ができる状態ではなかった。チームに帯同していたドクターに『絶対に先発で使うから努力してくれ』みたいなことを言われたけど、試合の前々日からほとんど動けなくて、練習もしないままバスで試合会場に行った。しかも、結構遠かったんだよ、そのスタジアムが。どうにかコンディションを整えようとみんなより早くウォーミングアップした。でも、暑いし、なんだかふわふわしているし、まるで自分の身体じゃないような感覚に襲われていた。UAE戦は結局、後半の途中に代わった。オフトはよく使ったよね、この時の俺を」

 謎の吐き気、下痢……、原因が分からない。一種の混乱によって、福田は中東に対してコンプレックスみたいなものを抱くようになる。

「食べ物はもちろん、歯磨きにもナーバスになって。それが自分の中で大きな問題になっていた。中東に対してコンプレックスというか、過敏になっていて、今でも行きたくないと思うぐらい。最終予選に向けて、それがトラウマになったのは事実だね」
 
 ドバイから帰国した福田を待っていたのは、“過酷な日々”だった。1次予選後に開幕したJリーグによって空前のサッカーブームが到来。これを一過性のものにしてはいけないという使命感もあった福田は、コンディションが悪くても試合に出続けた。在籍クラブの浦和ではチームに不可欠な存在で、点滴を打って臨むゲームも結構あった。

 当時、日本代表でも主力を張っていた福田はJリーグ屈指のスター選手。ファン・サポーターからはもちろん、メディアの人間からも相当期待されていたが、それがかえってプレッシャーになった。しかも、当時のJリーグは週2試合のペースで、延長Vゴール方式(延長に入ったら先にゴールを奪ったほうが勝ち)、それで決着がつかなければPK戦と超ハード。心身ともに万全からは程遠いコンディションにあった。
 

 当時の代表メンバーで苦しんだのはなにも福田だけではない。オフトジャパン不動の左サイドバックだった都並敏史が5月22日の広島戦で左足首を負傷して以降も強行出場した結果、7月18日に亀裂骨折が判明。また、魂のキャプテン・柱谷もウイルス性の風邪をこじらせて8月から1か月ほど入院生活を余儀なくされたのだった。ワールドカップ・アジア最終予選を前に、チームは危機的な状況に直面していた。

 のちに福田はオフトからこう言われている。

「『最終予選の前にスペインに行っただろ。なんのために行ったか分かるか? 選手たちを休ませるために行ったんだぞ』と教えてもらった。オフトはあの時期どうしてもチームをメディアから遠ざけたかったんだ」

 しかし、当時の福田はそんなことを知る由もない。9月のスペイン遠征(相手はベティス、カディス、ヘレス)は3戦全敗。福田の言葉が当時のチームの苦境を物語っていた。「自分たちにはリラックスできる余裕もなかった」。
 
 柱谷が戦列に復帰したアジア・アフリカ選手権のコートジボワール戦(10月4日)こそカズのゴールで1−0と勝利したものの、都並に復帰の目途が立っていなかった。代役として左サイドバックに抜擢された三浦泰年がこの試合で及第点の働きはしたが、どこかチームとして機能不全な部分もあった。そんな状況下で、福田はコンディション調整に相変わらず苦しんでいた。在籍先の浦和がJリーグで結果を残せないことも重なり、ナーバスな状態になっていた。

「良い状態ではなかったね。思うようにいかないから、余計にいろんなことが気になってしまって。元々神経質なのが、より過敏になってしまった。実は当時、坐骨神経痛の問題もあって……。心身ともに万全ではないというか、繊細さが悪いほうに出たかな」

 そうしたナーバスな状態で、福田は“最終決戦の地”ドーハへと旅立っていった。<エピソード4に続く。文中敬称略>

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】懐かしのユニフォーム&筋肉バキバキ?現在も最前線で活躍する?オフトジャパン戦士”の貴重写真集!
 

関連記事(外部サイト)