「凄すぎます!」「楽しそう」長谷川唯が“大縄跳びリフティング”に挑戦!ファンも驚く動画に、なでしこエースも反応!

「凄すぎます!」「楽しそう」長谷川唯が“大縄跳びリフティング”に挑戦!ファンも驚く動画に、なでしこエースも反応!

縄跳びに続き、大繩跳びでリフティングに挑戦した長谷川。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)



 縄跳びをしながらのリフティング動画を投稿し話題となっていた日テレ・東京ヴェルディベレーザに所属するMF長谷川唯が5月15日、自身の公式ツイッターを更新。“縄跳びリフティング”の新しいステージを開拓した。

 リーグ5連覇中のベレーザの主軸で、なでしこジャパンの中盤においても不可欠な戦力となっている長谷川。「大縄跳びしてみた」「#なわとびリフティングチャレンジ」と軽やかに動画を投稿。回っている大縄にタイミングを合わせ突入。見事ジャンプを成功させ、すぐさま抜ける一連の動きをリフティングしたまま行うという大技を見せつけた。

 この投稿に驚いたファンからは「凄すぎます!」「流石〜」「段々上手くなってる」「楽しそう」などのコメントが寄せられたほか、なでしこジャパンのエース岩渕真奈が「すごー!なにこれきもちわるー!笑」と反応。長谷川は「やってみて―」と送ると「やらん。やれないから。笑」と切り返される。それでも「やったらできるの。笑」と再びリプライを送った。
 
 さらにこの大縄を回しているチームメイトの土光真代も自身のツイッターを更新し同様の動画と「コロナが終息したらもっと多人数でやりたいね〜って話してました」とコメントを投稿した。

 こちらの投稿にも「すごーーー!気持ちわるー!!!」と反応した岩渕は、土光からの「気持ち悪いは初めて。参加者募集中!!!笑」とのコメントに「待ってる間で落としちゃうし、確実に引っかかる不参加。笑」と返信。土光は「自分もリフティングしてるだけで縄に入れなかったからすぐ諦めて回す専門になった。笑」とその経緯を説明していた。

 未だ自宅待機が続くものの、14日には全国39県の緊急事態宣言解除が発表された。チームの全体練習が再開されれば、さらに大人数での大縄跳びも見られるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)