鹿島MF土居聖真が同僚2人との“夢の国”秘蔵ショットを公開! 「収束後どこ行きたい?」との問いに…

鹿島MF土居聖真が同僚2人との“夢の国”秘蔵ショットを公開! 「収束後どこ行きたい?」との問いに…

ブログでチームメイトとの“秘蔵写真”を公開した土居。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)



 鹿島アントラーズのMF土居聖真が5月17日に自身のブログを更新。新型コロナウイルスが社会問題となるなか、「収束後に行きたいとこ」と題し、チームメイト3人とディズニーランドで撮った秘蔵写真を公開した。
 
 鹿島のアカデミー出身の27歳は、2011年のトップチーム昇格以来、一筋を貫き、2017年のE-1サッカー選手権ではA代表に初選出。クラブ在籍9年目となった昨季はリーグ戦32試合に出場し5得点を記録している。
 
 そんな土居は、自身のブログをほぼ毎日更新しており、サッカーの話題のみならず、自宅で料理に挑戦している様子などプライベート写真も積極的に発信している。17日には、「収束後に行きたいとこ」とのタイトルで新たにブログを更新した。
 
「アンパンマンミュージアムとディズニーランドかシーは絶対行くし速攻行きたい!!」
 
 投稿にはアンパンマンミュージアムで楽しむ土居の写真と、ディズニーリゾートで同僚のDF犬飼智也、MF小泉慶とともに撮影した3ショットを公開。土居は犬飼の誕生日を祝った12日の投稿でも、ふたりで夢の国を満喫したプライベート写真を3枚公開しており、Jリーガー屈指のディズニー好きをアピールしていた。
 
「皆さんはどこ行きたいですか〜?」との土居からの問いにファンは「カシマスタジアムで試合がみたいに決まってる!」「試合に行きたい」「ディズニーランドとJリーグ!」などのコメントが多く届いており、深刻な“サッカー不足”を感じているようだ。
 
 1日でも早くコロナ禍で収束し、気兼ねなくテーマパークやJリーグに足を運べる日が来るのを願うばかりだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)