“怪物”ハーランドはなぜユベントス移籍を拒否したのか? 驚きの条件が明らかに!

“怪物”ハーランドはなぜユベントス移籍を拒否したのか? 驚きの条件が明らかに!

ブンデスリーガでもゴールを量産するハーランド。レアル・マドリーへの移籍も取り沙汰されている。 (C)Getty Images



 飛ぶ鳥を落とす勢いでゴールを決め続けているのが、ドルトムントのアーリング・ハーランドだ。

 今冬の移籍市場でレッドブル・ザルツブルクから加入した19歳の怪物は、コロナ中断明けの初戦となったシャルケとのダービー(ブンデスリーガ第26節)でも先制点をゲット。これで移籍後の公式戦17試合で19ゴールと大爆発している。

 今シーズン前半戦、オーストリア・リーグとチャンピオンズ・リーグでゴールを量産し、ビッグクラブの注目の的となったノルウェー代表FWには、ドルトムントの他にマンチェスター・ユナイテッドやユベントスが獲得に動いていたことが伝えられた。

 そのユーベとの交渉内容を、ハーランドの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が明かした。イタリア紙『La Repubblica』に語った内容を英紙『The SUN』が伝えている。
 
 この俊英の獲得を熱望していたイタリア王者だが、クリスチアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアインと優秀なアタッカーが揃っていたため、マウリツィオ・サッリ監督はすぐにトップチームに入れるつもりはなく、なんと「U-23チームでプレーさせようした」という。

「話にならない」とはこのことだろう。敏腕代理人とハーランドは、もちろんこの条件を飲むわけにはいかず、ユーベのオファーを蹴ってドルトムント移籍を決めたのだった。

 その後の活躍を見れば、この判断が正しかったかどうかは明白だ。ユーベ陣営は、逃がした魚の大きさにほぞを噛んでいるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ハーランドの再開後初得点&“ソーシャルディスタンス”を取ったゴールパフォーマンス!

関連記事(外部サイト)