「『結論』俺んところに来い」「弱い人を狙うな」本田圭佑がSNS誹謗中傷問題に持論!フォロワーから賛否

本田圭佑がSNS中傷巡り持論 「弱い人を狙うな。強い人を狙う」「俺んところに来い」

記事まとめ

  • 「テラスハウス」に出演していたスターダム所属の女子プロレスラー・木村花さんが死去
  • SNSを通じての誹謗中傷が酷く、苦悩する投稿が見られ、「誹謗中傷」がトレンド入り
  • ブラジルのボタフォゴ所属の本田圭佑が、SNSにおける問題について独自の見解を示した

「『結論』俺んところに来い」「弱い人を狙うな」本田圭佑がSNS誹謗中傷問題に持論!フォロワーから賛否

「『結論』俺んところに来い」「弱い人を狙うな」本田圭佑がSNS誹謗中傷問題に持論!フォロワーから賛否

「誹謗中傷をする人へ」と呼びかけた本田圭佑。(C) Getty Images



 ブラジルのボタフォゴに所属する本田圭佑が、SNSにおける問題についても独自の見解を示した。

 5月23日、リアリティー番組の「テラスハウス」に出演していた女子プロレス団体スターダムに所属するプロレスラー・木村花さんが22歳の若さで死去。番組内での言動に関してSNSを通じての誹謗中傷が酷く、苦悩する投稿が見られていた。同日、「誹謗中傷」がツイッターでトレンド入りし、スポーツ界をはじめ、さまざまな著名人がこの問題に意見していた。

 そんななか、5月23日の夜に自身のツイッターを更新した本田は、以下のようなメッセージを投稿した。

「『誹謗中傷をする人へ』
 弱い人を狙うな。誹謗中傷はやるなって言ってもなくならないし、なのでやってもいいからちゃんと強い人を狙うこと。

『結論』
 俺んところに来い。そして末長く誹謗中傷のプラットフォームとして使用してください」(原文ママ)
 
 この投稿にフォロワーからは、称賛のコメントが数多く寄せられた一方で、「強い人にも誹謗中傷はいけない」という声も少なくなかった。

「あんたどんだけかっこいいんだよ」
「すげぇな。こんな発想はできないし誹謗中傷OKって、鉄のハートかよ」
「ダメ!エスカレートさせるようなことは」
「それは違うと思いますよ。人間はみんな同じ精神の強さです」
「全員が全員、誹謗中傷なんてことはダメなんです」
「アンチする人達、もう一度発言する前によく考えてください」
「なんか力強くて、涙が出ました。私もこんな言葉言って助けたい…」
「本音で言うとファンとしては本田選手への誹謗中傷も見たくありません」
「本田さんは平気かもしれません。ですが、本田さんを大切に思う方が本田さんへの誹謗中傷に傷ついてしまいます」
「ケイスケホンダはカッコいい」

 現在100万人のフォロワーを抱える本田。一晩明けた24日には、寄せられたコメントに目を通しているようで、さらに以下のようなメッセージを投稿した。

「んーネットでの誹謗中傷が犯罪という認識はなかったなー。多分イタリアのサッカースタジアムで試合に負けた日には誹謗中傷が日常やったからかな。

 解決方法の意見は分かれると思ってて、ただいずれの方法も簡単なことじゃない中で、僕は誹謗中傷をする人を受け入れることで解決できる日を夢みてます」(原文ママ)

 難しい問題に臆せずに持論を展開する、本田圭佑らしいツイートだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)