「一人で責任を負った」「全てを消し去りたい…」ブラジル代表DFが“ミネイロンの惨劇”に本音を吐露

「一人で責任を負った」「全てを消し去りたい…」ブラジル代表DFが“ミネイロンの惨劇”に本音を吐露

セレソンのディフェンスリーダーとして君臨していたD・ルイスはドイツ戦の惨劇に何を想っていたのか……。 (C) Getty Images



 今から約6年前、自国で開催されたワールドカップで、セレソンの面々は涙に暮れて大会を去った。7月8日に開催された準決勝で大会を制したドイツに1-7と大敗を喫したのだ。

 大会後に“ミネイロンの惨劇”と呼ばれることになる屈辱の敗戦。その計り知れないショックから立ち直ることができなかったセレソンは、続く3位決定戦でもオランダに敗戦。完全に誇りと自信を喪失し、国民の批判に晒されて、母国でのワールドカップを終えたのである。

 世界に衝撃を与えた“惨劇”に当事者たちは何を想っていたのか。ドイツ戦で、累積警告のために欠場したチアゴ・シウバに代わってキャプテンマークを巻いたダビド・ルイスが、現地時間5月24日に古巣ベンフィカのインタビューに応じ、当時の心境を語った。

「試合から最初の6か月はとても苦しかった。多くの人たちが隠れて顔を見せなかったからだ。彼らは責任を取りたがらず、長い間、僕は一人で負担を背負ってきたんだ」

 さらに「僕らは3点差をつけられて負けている状況から覆す展開に慣れていなかった。それになのにあれだけ打ちのめされたんだ」と悲痛な想いを吐露したD・ルイスは、こうも続けている。

「全てがうまくいかなかった。今だってあの日のことを忘れたりはしないよ。あの時、僕がキャプテンとしてハーフタイムの前ぐらいに『待ってくれ! みんな集まってくれ! 一度落ち着こう』と言ったら、後半に流れは変わっていたかもしれない。

 でも、流れを変えられなかった。それをするために僕自身が立ち直ることができなかったんだ。あの試合までは、僕はあのワールドカップの中でもトップ3の選手だったと思う」

 敗戦後も涙ながらに公衆の面前で謝罪し、メディアやファンの批判を受け止め、ディフェンスリーダーとしての責任を負ったD・ルイスは、改めて「ミネイロンの惨劇」に対する切実な“本音”を口にした。

「僕はブラジル国民に謝罪するよ。ただ、あの敗戦が、僕にとっても、チームにとっても、どれほど重要な意味を持っているかは誰もが知っているはずだ。僕らはただ苦しんでいる国民に勝利と喜びを与えたかっただけだった。全てを消し去りたい。本当に悲しい日さ」


「全てがうまくいかなかった。今だってあの日のことを忘れたりはしないよ。あの時、僕がキャプテンとしてハーフタイムの前ぐらいに『待ってくれ! みんな集まってくれ! 一度落ち着こう』と言ったら、後半に流れは変わっていたかもしれない。

 でも、流れを変えられなかった。それをするために僕自身が立ち直ることができなかったんだ。あの試合までは、僕はあのワールドカップの中でもトップ3の選手だったと思う」

 敗戦後も涙ながらに公衆の面前で謝罪し、メディアやファンの批判を受け止め、ディフェンスリーダーとしての責任を負ったD・ルイスは、改めて「ミネイロンの惨劇」に対する切実な“本音”を口にした。

「僕はブラジル国民に謝罪するよ。ただ、あの敗戦が、僕にとっても、チームにとっても、どれほど重要な意味を持っているかは誰もが知っているはずだ。僕らはただ苦しんでいる国民に勝利と喜びを与えたかっただけだった。全てを消し去りたい。本当に悲しい日さ」

 サッカー王国を揺るがせた惨劇は、今もなお、“キャプテン”の心に深く刻まれているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)