【妄想席替え|FC東京編】クラブOBの羽生直剛が選んだ席は? 「座らなきゃいけないのは…」

【妄想席替え|FC東京編】クラブOBの羽生直剛が選んだ席は? 「座らなきゃいけないのは…」

FC東京の妄想席替え。あなたなら、1〜10のどこに座る?



 2020年シーズンのFC東京の在籍メンバーを振り分けて作った“妄想席替え”。文字通り架空のクラス編成だが、今回はFC東京OBで現クラブナビゲーターの羽生直剛に、1〜10の中からひとつ席を選んでもらった。

 今回作成した座席表での主なポイントは以下のとおり。

・選手会長の矢島とキャプテンの東に挟まれた「2」は優等生席?
・「5」は“ガヤ”でお馴染みの永井にちょっかいを出される?
・三田、安部、中村帆は明治大つながり。
・室屋、J・オマリはキャンプでの同部屋つながり。
・品田、鈴木、平川、木村はFC東京U−18つながり。
・ナ・サンホと萩の共通話題は「Kリーグ」。
・「9」は視界が高身長の林に遮られる可能性も。
・森重ファンにおすすめなのは「6」
・橋本、永井は日本代表つながり。
・D・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロ、A・シルバはブラジル人カルテット。

 これを説明したうえで、羽生がまず「居心地がいい」席として選んだのが“4番”。

「(東)慶悟と(波多野)豪が盛り上げてくれるはずなので、楽しいはずです。ただ──」
 
 そう言って「座らなきゃいけないのは」と羽生が最終的に決めた座席は“5番”だった。

「(中村)拓海は(自分がスカウト時代に)自ら獲得した選手なので、僕が彼のことを見張らないといけない(笑)。先生の話を聞いているか、ちゃんと勉強しているかをしっかりチェックしないと。仮に寝ていたら、後ろから……」

 後ろと言えば、5番に座った場合、その真後ろには“ガヤ”でお馴染みの永井がいる。

「間違いなくちょっかいを出されますね(笑)。(永井)謙佑は一緒にプレーしたことないのに、僕をいじってきますし。いつの間にか、彼が僕をいじるみたいな構図になっているんですよ(笑)。そういうところも含めて5番は面白いですね」

 一方で、気を遣いそうな席もある。

「海外の言葉を話せないと、10番は気を遣うでしょうね。ディエゴやオマリなどそれぞれのテンションに合わせないといけない(笑)。話せれば楽しいでしょうけど、僕の場合は彼らに気を遣って勉強に手がつかなくなります(笑)」

 文字通り妄想が膨らむ“妄想席替え”。あなたなら、どの席を選ぶ?

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】FC東京の歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)

×