欧州5大リーグ在籍選手の「最新市場価値ランキング」が発表!メッシがトップ20から陥落という衝撃の結果に…

欧州5大リーグ在籍選手の「最新市場価値ランキング」が発表!メッシがトップ20から陥落という衝撃の結果に…

市場価値ランクのトップ10に入った(左から)グリエーズマン、サラー、サンチョ、エムバペ。(C) Getty Images



 スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIES Football Observatory』が6月8日、欧州5大リーグに在籍する選手の市場価値ランキングを発表した。

 これは、年齢や現行契約の残り年数など、様々なデータを基に決まるため、単純に選手の能力で順位を付けているわけではない。また、同じく推定市場価格を算出している移籍専門サイト『Transfermarkt』に比べて評価額が1.5〜2.5倍ほど高くなっている。

 発表によると、トップに立ったのはパリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペで、推定市場価格は2億5920ユーロ(約324億円)。2位のラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)に6450万ユーロ(約80億6000万円)の差をつけての断トツだ。

 3位は成長著しいドルトムントの20歳・ジェイドン・サンチョで、4位には、右SBながらリバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入っている。

 驚くべきは、バイエルンの新星アルフォンソ・デイビスか。今シーズンの途中から左SBへコンバートされて大ブレイクした19歳が9位に食い込んでいる。同じ2000年生まれの超注目株アーリング・ハーランド(ドルトムント)は、1億730万ユーロ(約134億1000万円)で15位だった。

 年齢が大きく影響するとはいえ、いまも世界最高峰に君臨するバルセロナのリオネル・メッシがトップ20からも漏れ、1億10万ユーロ(約125億1000万円)で22位、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドが6280万ユーロ(約78億5000万円)で70位というのは、驚きの結果と言えるかもしれない。

 また、パリSGのネイマールも8270万ユーロ(約107億1000万円)で37位と大きく評価を落している。
 
『CIES Football Observatory』における、最新の推定市場価格トップ10は以下のとおりだ(1ユーロ=125円で換算)。

1位:キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
推定市場価格:2億5920ユーロ(約324億円)

2位:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド代表)
推定市場価格:1億9470万ユーロ(約243億4000万円)

3位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド代表)
推定市場価格:1億7910万ユーロ(約223億9000万円)

4位:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表)
推定市場価格:1億7110万ユーロ(約213億9000万円)

5位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U/イングランド代表)
推定市場価格:1億5230万ユーロ(約190億4000万円)

6位:モハメド・サラー(リバプール/エジプト代表)
推定市場価格:1億4490万ユーロ(約181億1000万円)

7位:サディオ・マネ(リバプール/セネガル代表)
推定市場価格:1億3920万ユーロ(約174億円)

8位:アントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ/フランス代表)
推定市場価格:1億3640万ユーロ(約170億5000万円)

9位:アルフォンソ・デイビス(バイエルン/カナダ代表)
推定市場価格:1億3350万ユーロ(約166億9000万円)

10位:ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
推定市場価格:1億1870万ユーロ(約148億4000万円)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)