【日本代表 隠れ名勝負】ベスト布陣のドイツ相手に高原の圧巻2発で大善戦! だが惜しむらくは――

【日本代表 隠れ名勝負】ベスト布陣のドイツ相手に高原の圧巻2発で大善戦! だが惜しむらくは――

ドイツW杯直前のドイツ戦で2ゴールを挙げた高原。強豪を相手に鮮烈な印象を植え付けた。(C) Getty Images



 ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれかねない“隠れ名勝負”を取り上げる短期集中連載。第7回は2006年、ジーコジャパン時代のドイツ戦を振り返る。(文●飯尾篤史/スポーツライター)

――◆――◆――

 素晴らしいゴール、価値のあるゴールなら、いくつか思い浮かべることができる。
 だが、“日本代表史上、最も美しいゴール”となると、これではないか。

 2006年5月30日に行なわれたドイツとの親善試合で、高原直泰が決めた1点目のゴール――。
0-0で迎えた57分、ドイツのCKをクリアし、柳沢敦がヘディングで中村俊輔にボールを預けた瞬間、逆襲のスイッチが入る。中村が巧みなステップワークで2人をかわしてセンターサークル内の中田英寿へパス。中田がスルーすると、その裏でボールを受けた柳沢から相手守備陣を置き去りにするような、ふわりとしたボールが繰り出される。

 そこに飛び出してきたのが、高原だった。

 ドリブルで独走した高原は、GKレーマンの動きを見極め、ゴール上方に蹴り込んだ。

 日本のクリアから、わずか13秒――。絵に書いたようなカウンターアタックで、開幕が10日後に迫ったワールドカップの開催国の鼻を明かした。

 だが、敵将クリンスマンを青ざめさせたのは、このゴールシーンだけに留まらない。

 さらに8分後、ペナルティエリア右隅でボールを受けた高原は、鋭い切り返しで3人の相手選手を手玉に取るように抜き去り、豪快に蹴り込んで見せるのだ。

 02年夏にハンブルガーSVに加入した高原にとって、ドイツは第二のホーム。ハンブルガーSVでは不遇をかこったこともあるだけに、ドイツ人が注目するピッチで自身の能力を改めて証明するゴールになった。


 そしてなにより、エコノミー症候群の影響で、日韓ワールドカップ、アテネ五輪と、世界大会の出場を2度も逃した自身の覚悟が詰まった2発だった。

「すべてはこのためにやってきた。あとは本番まで、どれだけ高めていけるか」
 エースとして期待された久保竜彦が負傷の影響で選外となるなか、真のエースが復活を印象づけたのだ。

 ワールドカップ開催国の意地もあって、ゲーム終盤に日本はセットプレーから2点を失い、引き分けに終わる。だが、主導権を握り続けていたのは、日本だった。
 



 むろん、ワールドカップ本番のような真剣勝負ではないが、3日前のテストマッチでルクセンブルクを7-0と下し、「手応えのない相手だった。日本戦は勝負に行く」とクリンスマン監督は明言。負傷明けのバラックを起用し、ベスト布陣を組んだドイツにとって、日本戦は単なるスパーリングというわけでもなかった。

 翌日、ドイツの地元紙は「騎士が侍に切り刻まれた」と報じるほどで、ジーコジャパンのポテンシャルを改めて証明するゲームとなった。

 ところが、本大会初戦のオーストラリア戦でジーコジャパンは……。



 ドイツ戦にピークを持っていってしまった――とは、後に指摘される敗因のひとつだが、むしろ問題は、サブ組を起用する予定だった5日後のマルタとの親善試合でも、高原、柳沢を除くベストメンバーが送り出されたことだろう。

「僕らは出ないものだと思っていた。ドイツ戦の疲れも残っていたから」と福西崇史は振り返った。疲労を残す主力組は思わぬ起用に戸惑い、サブ組はアピールの場、試合感覚を養う機会を失ってしまう。歯車はここから大きく狂っていくのだった。

文●飯尾篤史(スポーツライター)

関連記事(外部サイト)