マラドーナとその“2世”たち、そしてメッシ時代へ――アルゼンチン代表の10番列伝

マラドーナとその“2世”たち、そしてメッシ時代へ――アルゼンチン代表の10番列伝

マラドーナ(左上)、メッシ(右上)、リケルメ(左下)、オルテガ(右下)。いずれもアルゼンチン代表の栄光の10番を背負った名手たちだ。 (C) Getty Images



 過去のメジャートーナメントにおいて列強国の代表チームでは一体誰が栄光の10番を背負ってきたのか。歴代の担い手たちはどんな結果を残してきたのか。10番の価値や意味合いなど各国の事情に触れながら、紹介する。

 ここで触れるのは、数多くの歴史的なクラックを輩出してきたアルゼンチンだ。

―――◆―――◆―――

 真っ先に名前が挙がるのは、地元開催となった1978年のワールドカップで得点王とMVPを獲得し、母国を初の世界王者に導いたケンペスだろう。

 ただひとり、国外のクラブ(バレンシア)からメンバー入りを果たした大型ストライカーは、10番の重圧に潰されることなく、名将セサル・メノッティと国民の期待に応えた。
 
 その後のアルゼンチン代表の「ナンバー10」の歴史は、マラドーナ時代とメッ シ時代、そしてそのふたつの時代をつないだ多くの“マラドーナ2世”たちの時代の3つに分けられるだろう。

 まず「若すぎる」という理由で78年のワールドカップのメンバーから外されたマラドーナ(当時17歳)は、その後の4大会で10番を背負い、86年のメキシコ大会では優勝、90年のイタリア大会では準優勝に貢献した。

 そんな“天才”が代表から退いた後、98年のフランス大会と02年の日韓大会ではオルテガが、06年のドイツ大会ではリケルメがそれぞれ10番をつけたが、いずれもマラドーナの再来を願うファンの期待には応えられなかった。とくに前者は98年大会のオランダ戦(準々決勝)で相手GKに頭突きを食らわせ退場になるなど、戦犯として扱われた。

 10年の南アフリカ・ワールドカップ以降のメジャー大会は、そのすべてでメッシが10番をつけている。クラブの実績ではマラドーナを凌駕するが、代表では無冠。22年のカタール・ワールドカップではメッシが初戴冠なるかに注目が集まっている。
 

 以下は、主なメジャー大会でアルゼンチン代表の10番を背負った選手たちと大会成績だ。GKながら重役を担ったナチョ・ゴンサレスや、いまや“闘将”として名高いディエゴ・シメオネなどの名前も刻まれている。

◆アルゼンチン代表のメジャー大会における歴代ナンバー10◆

1958年W杯(本大会出場) アルフレド・ロハス(FW/21歳/ラヌース)
大会成績:1試合0得点・0アシスト

1962年W杯(本大会出場) ホセ・サンフィリッポ(FW/27歳/サン・ロレンソ)
大会成績:2試合1得点・0アシスト

1966年W杯(ベスト8) アントニオ・ラティン(MF/29歳/ボカ)
大会成績:4試合0得点・0アシスト

1974年W杯(ベスト8) ラモン・エレディア(DF/23歳/A・マドリー)
大会成績:6試合・1得点・1アシスト

1978年W杯(優勝) マリオ・ケンペス(FW/23歳/バレンシア)
大会成績:7試合・6得点・1アシスト

1979年コパ・アメリカ(GS敗退) フアン・カルロス・ブエド(DF/23歳/ベレス)
大会成績:0試合・0得点・0アシスト

1982年W杯(ベスト8) ディエゴ・マラドーナ(MF/21歳/ボカ)
大会成績:5試合・2得点・0アシスト

1983年コパ・アメリカ(GS敗退) アレハンドロ・サベーラ(MF/28歳/エストゥディアンテス)
大会成績:4試合・0得点・0アシスト

1986年W杯(優勝) ディエゴ・マラドーナ(MF/25歳/ナポリ)
大会成績:7試合・5得点・5アシスト

1987年コパ・アメリカ(4位) ディエゴ・マラドーナ(MF/26歳/ナポリ)
大会成績:4試合・3得点・0アシスト

1989年コパ・アメリカ(3位) ディエゴ・マラドーナ(MF/28歳/ナポリ)
大会成績:1試合・0得点・0アシスト

1990年W杯(準優勝) ディエゴ・マラドーナ(MF/29歳/ナポリ)
大会成績:7試合・0得点・2アシスト

1991年コパ・アメリカ(優勝) ディエゴ・シメオネ(MF/21歳/ピサ)
大会成績:2試合・0得点・0アシスト

1993年コパ・アメリカ(優勝) ディエゴ・シメオネ(MF/23歳/セビージャ)
大会成績:1試合・0得点・0アシスト

1994年W杯(ベスト 16) ディエゴ・マラドーナ(MF/33歳/ニューウェルズ)
大会成績:2試合・1得点・1アシスト

1995年コパ・アメリカ(ベスト8) マルセロ・ガジャルド(MF/19歳/リーベル)
大会成績:3試合・0得点・0アシスト

1997年コパ・アメリカ(ベスト8) ナチョ・ゴンサレス(GK/25歳/ラシン・クラブ) 大会成績:1試合・0得点・0アシスト

1998年W杯(ベスト8) アリエル・オルテガ(MF/24歳/バレンシア)
大会成績:5試合・2得点・3アシスト

1999年コパ・アメリカ(ベスト8) アリエル・オルテガ(MF/25歳/サンプドリア)
大会成績:1試合・0得点・0アシスト

2002年W杯(GS敗退) アリエル・オルテガ(MF/28歳/リーベル)
大会成績:3試合・0得点・1アシスト

2004年コパ・アメリカ(準優勝) アンドレス・ダレッサンドロ(MF/23歳/ヴォルフスブルク)
大会成績:5試合・1得点・0アシスト

2006年W杯(ベスト8) ファン・ロマン・リケルメ(MF/27歳/ビジャレアル)
大会成績:5試合・0得点・3アシスト

2007年コパ・アメリカ(準優勝) ファン・ロマン・リケルメ(MF/29歳/ボカ)
大会成績:5試合・5得点・4アシスト

2010年W杯(ベスト8) リオネル・メッシ(FW/22歳/バルセロナ)
大会成績:5試合・0得点・4アシスト

2011年コパ・アメリカ(ベスト8) リオネル・メッシ(FW/24歳/バルセロナ)
大会成績:4試合・0得点・3アシスト

2014年W杯(準優勝) リオネル・メッシ(FW/26歳/バルセロナ)
大会成績:7試合・4得点・1アシスト

2015年コパ・アメリカ(準優勝) リオネル・メッシ(FW/27歳/バルセロナ)
大会成績:6試合・1得点・3アシスト

2016年コパ・アメリカ(準優勝) リオネル・メッシ(FW/28歳/バルセロナ)
大会成績:5試合・5得点・4アシスト

2018年W杯(ベスト16) リオネル・メッシ(FW/30歳/バルセロナ)
大会成績:4試合・1得点・2アシスト

2019年コパ・アメリカ(3位) リオネル・メッシ(FW/31歳/バルセロナ)
大会成績:6試合・1得点・1アシスト

※リストは本選出場の大会のみで、ワールドカップは固定番号制が導入された1954年大会以降、コパ・アメリカは1979年大会以降。W杯のチーム成績は出場国が16か国以下だった1978年大会まで、ベスト8に勝ち上がれなかったケースはすべて「本大会出場」に。年齢と所属クラブは大会開幕時

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年6月4日号より転載

関連記事(外部サイト)