香川、乾、家長、清武が揃った“2010年セレッソ”を元日本代表・播戸竜二氏が回顧「あいつらが海外に行けたのは…」

香川、乾、家長、清武が揃った“2010年セレッソ”を元日本代表・播戸竜二氏が回顧「あいつらが海外に行けたのは…」

香川(左)のC大阪ラストゲームでゴールを決めた播戸氏(右)。(C)SOCCER DIGEST



 シーズン再開を待ちわびているJリーグファンを楽しませているのが、過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」だ。現在配信中の2010年シーズン第12節、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸で解説を務め、C大阪の一員としてこの一戦でゴールも挙げた元日本代表の播戸竜二氏に当時のエピソードを伺った。ドルトムント移籍のため、これがJリーグ最後の試合となった香川真司(現サラゴサ)が決めた“惜別のFK弾”にまつわる裏話とは――。

―――◆――◆―――
 
――2010年は移籍1年目です。ガンバを離れた理由は?

「理由はシンプルで、2009年シーズンで契約満了なったんです。その年の10月頃に言われたんですよ、契約更新はないと。プロで最初のクラブだし、戻ってきて4年間やって、まがりなりにもチームに貢献していたという自負もあったので、そりゃあ傷つきましたよ。その時、僕は30歳だったんですが、同じ年に遠藤(保仁)、橋本(英郎)、加地(亮)がいて、二個上には明神(智和)さん、一個上には山口(智)さん、一個下には二川(孝広)、藤ヶ谷(陽介)と、30歳前後の選手が多かったんですよ。当時の山本浩靖強化部長の気持ちも分かります。世代交代もしていかなきゃいけないですし。いま言ったメンバーの中で、誰を最初に契約満了にするか、となった時に自分だったんです」

――新天地に選んだのが、ライバルのセレッソでした。

「ちょうど2010年にJリーグの移籍制度が変更されたんです。それまでは、30歳になったら移籍金なしで移籍できるというルールだったんですけど、僕らが30歳になった途端、それが撤廃になって、契約切れの選手は、年齢に関係なく誰でもフリーで移籍できるようになった。そうなったら、わざわざ30歳の選手を獲得しようとは思わないですよね。『どうしよう』と思ってた時に、セレッソが声を掛けてくれたんです。当時の強化部長の梶野(智)さんと藤田(信良)社長が、『ガンバでチームのために戦って、ムードメーカーもやって、結果も出していた。若い選手が多いセレッソには、この経験が必要や』と。それで、移籍することになったんです」
 

――加入当初はどんな印象でしたか?

「正直、移籍するまでセレッソに対しては、そこまでイメージがなかったんですよ。ライバルクラブというのと、ユニホームがピンクだというのは分かってましたけど(笑)。若くて活きの良い選手が多いみたいな話は聞いてましたけど、『どんな感じなの?』みたいな感じやったんですよ。ところがどっこい、加入してみると、香川真司と乾貴士の二枚看板がいて、家長昭博、清武弘嗣も移籍してきて、新人で扇原(貴宏)や永井龍が入ってきて、その上には山口蛍や丸橋(祐介)がいて、『おっ、なんか若くてええ選手いるやん』みたいな感じでしたね」 

――レヴィー・クルピ監督の印象は?

「セレッソはクルピ、クルピと言ってましたけど、全くどんな監督か分からなかったんですよ。実際に行ってみると、若手を使うのが上手いな、と。その気にさせるんですよ。彼らに対して数字の目標設定をするんですよ。フォワードは年間に10点から15点、これはマストやと。シャドーなら、8点から13点とかね。若いやつらはそれをクリアしようと思って、どんどん伸びていきましたから。

 良かったら若手をどんどん使っていくし、僕みたいなベテランにもちゃんとコミュニケーションをとってくれる。『バンはチャンピオンや、勝利のメンタリティーを持ってる。それをお前ら学べ、コイツの練習の態度、手を抜かへんやないか』みたいな感じで言うんですよ。こっちも気持ちええから、『レヴィーのために頑張ろか』となるわけですよ」
 
――クルピ監督の下、まとまっていたわけですね。

「僕が30歳で一番上やったんです。その次が2個下の茂庭(照幸)や羽田(憲司)という超若いチームやった。平均年齢25歳以下じゃないですかね。でもレヴィーはブラジルでの監督経験も豊富だし、強化部長にはセレッソの初代キャプテンだった梶野さんがいて、新参者やけど僕が入って、若くて活きのいい奴らがいて、すごくバランスが良くてまとまってましたね、今思うと」

――フォワードとして、香川、乾、家長、清武(弘嗣)という4選手が揃った中盤をどう見ていた?

「フォーメーションが1トップだったので、その中盤の選手を見た時に、『これは、真ん中から動かんとこ」と思いましたね。後ろに香川、乾、家長、清武というトップ下と言われるところで実力を発揮する選手が揃っていたので、そいつらの好きなようにさせて、僕はもうゴール前にいて、ペナルティエリアから絶対出ない、ゴールエリアで仕事する、『ワンタッチゴールが俺の仕事や』と。あとは、彼らのために、ポストになったり、潰れたり、壁になったり、しようと。最後の仕上げだけしようと思ったのに、あいつらみんな上手いから自分でゴールを決めちゃうんですよ。特に真司はシュートも抜群に上手かったからね。乾はシュート下手やったけど、めっちゃ打ってた」
 

――古巣の神戸戦(第12節)は覚えている?

「覚えてます覚えてます。しかも、解説のために、色々な選手に電話取材をしたので、さらに甦ってきましたね。シーズン序盤は、そんなに良い感じで勝てなかったんですよね。古巣の神戸戦やし、なおかつ真司がドルトムントに旅立つ試合やった。みんな、真司のためにも絶対勝たなあかんという気持ちで臨みましたね」 

――播戸さんは途中出場が多かった中で、この試合はスタメンでした。

「アドリアーノが怪我か出場停止で僕にチャンスが回ってきたんです。セレッソで初スタメンの試合だったと思います。『ここで点決めないと、ここからもうチャンスはないぞ』と意気込んで臨んだ試合でした」

――0−1で迎えた前半アディショナルタイムに、右サイドからのクロスに飛び込んで同点ゴール。得意の形でしたね。

「そうですね。高橋大輔からのクロスでした。彼とはなかなか試合で合わなくて、練習で『ここに出してくれたら、絶対に決めるから』とずっと言ってたんですよ。昨日も話したんですけど、『やっとバンさんが言う所に出せて、決めてくれて嬉しかった』と言ってましたね」
 
――その直後に香川選手が直接フリーキックを決めました。

「練習でもあいつがフリーキックを蹴るのを見たことなかったんですよ。『え、真司が蹴るの?」と誰もが思ってました。いつもは基本的にマルチネスが蹴っていたんですが、この試合はいなかったんです。この時の出場メンバーでいえば、左サイドバックの尾亦(弘友希)が蹴るはずだったんですよ。フリーキックが上手かったので。

 なのに、ようわからんけど真司がボールをセットしてると。ベンチでクルピが怒ってたらしいいんですよ。『何してんの』『誰が香川に蹴れと言うたんや』『最後の試合やからって王様気取りか』『もし外してたら交代だ』と。だから、もしあのフリーキックを外してたら、真司はハーフタイムに交代させられてたんですよ。

 でもそれを決めるわけですよ、あいつは。“持ってるな”とみんな思いましたよ。俺が1点目決めたけど、結局は真司に持っていかれたなと。やっぱり持ってるやつはこうやって成長していくんだなと。その後、ドルトムントに行って、日本代表の10番を背負う選手になっていくわけじゃないですか」
 

――その香川選手とも話をされたんですか。

「メールしましたよ。『この試合の解説をするぞ』って。そしたら、『あれは生涯最初で最後のFKです』と返事が来て。いやいや、まだ現役なのに、最後って決めるのは早くないかと思ったんですけど」

――海外移籍について、播戸さんに話をしたりしていた?

「それはなかったですね。セレッソ行くって決まった2009年の年末に、たまたまあいつと会ったんですよ。そこで『海外移籍の話が出てるやないか。俺はお前と一緒にやりたい』と言ったら、『実はあと半年後に行くことになりました』と。「じゃあ、あと半年は一緒に頑張って楽しもうぜ」という話をしていた。で、実際に同じチームでやったら、上手いし、一緒にやってて面白いんですよ。だから、『真司、もう半年残れ、年末まで残れ』と言ったんですけど、『俺は行きます。勝負します』と決意は固かったですね」
 
――香川選手の後にも、セレッソから家長選手、乾選手、清武選手が海外へ羽ばたいていきました。何か理由があるのでしょうか?

「もちろん、第一に彼らにはタレントがあった。それが大前提ですよね。若くて能力の高い選手が多かった。第二に、それを上手く使うレヴィーがいた。若いやつらを上手く乗せてましたから。実績のある選手を獲ってくるんじゃなくて、若手に賭けたクラブの方針もある。3つ目は、その若手がのびのびやれる環境があったということですね。ベテランもいなかったし、ガミガミ言う選手も少なかった。その3つが良かったと思いますね」

――このシーズン、香川選手が抜けながらも、最終的に3位。昇格1年目でアジア・チャンピオンズリーグの出場権を獲得しました。

「真司が抜けるっていうのは、シーズン初めからだいたい分かっていたので、清武を獲っていた。そのあたりが上手いですよね。レヴィーも真司が抜けるのを見越して、キヨをちょいちょい使ってて、『お前が真司の代わりをやるんやぞ』と言っていた。この試合も最後に真司をキヨに代えるじゃないですか。

 その点が上手く移行できたのと、真司がいなくなったことで乾やアキ(家長)も『自分らがやらな』みたいな気持ちになったと思いますね。守備のほうでも、茂庭と上本(大海)という移籍1年目のセンターバックコンビのコンビネーションが深まっていった。チームが成熟して、成績がどんどん上っていった感じでしたね」

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
協力●DAZN 
 

関連記事(外部サイト)