【川崎】谷口彰悟と大島僚太が語った鹿島戦への熱い意気込み。昨季までのチームメイトとのマッチアップは…

【川崎】谷口彰悟と大島僚太が語った鹿島戦への熱い意気込み。昨季までのチームメイトとのマッチアップは…

再開初戦へ準備を進める谷口(写真左)と大島。意気込みなどを語ってくれた。(C)KAWASAKI FRONTALE



 いよいよJ1の再開が迫ってきたなか、7月4日、川崎はホームの等々力で鹿島と対戦する。

 6月30日にはオンライン取材に対応してくれたキャプテンの谷口彰悟と副キャプテンの大島僚太に話を訊くと、鹿島戦への熱い意気込みを語ってくれた。

 谷口はこれまで何度も鎬を削ってきたライバルとのゲームに、「素晴らしい相手とやれるのはモチベーションになりますし、気持ちは上がります。自分たちがやってきたことをどれだけやれるか、強気にやっていきたいです」と力強く語る。

 大島も「どのタイミングで対戦するにしても、非常に大事な相手だと思いますし、再開するにあたって最初に戦う相手として、良い意味でそこから勢いに乗っていけるように、強気に臨みたいと思います」と静かに闘志を燃やした。

 チームは中断期間に4つの練習試合を行ない全勝。大島も「攻守において圧倒するということで、システムも変更しましたが(4-3-3を導入)、攻撃、守備のところも狙い通りやれていて、手応えを感じています」と話す。

 自身は逆三角形となった中盤で、従来のボランチから、ややポジションを上げたインサイドハーフでプレーするため、「攻撃でゴール前により絡んでいきたい」と目標を口にする。
 ちなみに対戦する鹿島には、昨季までのチームメイトである奈良竜樹が所属している。奈良が試合に出場するかは不明だが、谷口にとってはここ数年のCBの相棒であり、大島にとってはリオ・オリンピック世代の代表でともに戦った、縁のある選手だ。ふたりに想いを訊くと、次のように答が返ってきた。

「奈良ちゃんの良さは分かっているつもりです。出ることがあれば、楽しみですね。ただ、敵にいると嫌な選手というのは理解しています」(谷口)

「世代別でも一緒にプレーしていて、後ろで身体を張ってチームを何度も助けてくれ、流れを引き寄せてくれました。対戦するのは複雑、嫌だなという気持ちもありますが、お互い最善の結果が出れば良いなと思います」(大島)

 ゲームの結果、内容とともに、かつてのチームメイトと再会を果たせるのか、そこも注目ポイントとなりそうだ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

関連記事(外部サイト)