ネイマールやエムバペは動くのか? 通常との違いは? 前例なき移籍マーケットを展望&解説【ワールドサッカーダイジェスト最新号は7月2日発売】

ネイマールやエムバペは動くのか? 通常との違いは? 前例なき移籍マーケットを展望&解説【ワールドサッカーダイジェスト最新号は7月2日発売】

目印はこの表紙!



 新型コロナウイルスの影響を受けて欧州主要リーグのスケジュールが全体的に1〜2か月ほど後にずれたこともあり、次の移籍マーケットはまさに“異例尽くし”。そもそも市場がいつオープンし、いつ閉じるのか、メインキャストは誰なのか、ネイマールやエムバペといった話題のビッグネームは動くのか――。

 移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、この“特殊な移籍マーケット”を読み解くポイントとして3つを挙げています。それは、「スケジュール」、「スペインの移籍制限」、「キャッシュを持つクラブ」。とくに大きな影響を与えかねないのが、「スペインの移籍制限」です。

 まだ正式決定ではないですが、コロナ禍を受けてラ・リーガのハビエル・テバス会長が移籍マーケットに厳しい規制を加える方針を固めているとのこと。はたして、どんなルールなのか。

 7月2日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号では、この「スペインの移籍制限」を含めた注目ポイントの詳細を、ディ・マルツィオ記者が解説。さらに今回の移籍マーケットで主役を担うビッグネーム&注目銘柄の「最新動向」について、貴重な情報を公開しています!
 また移籍関連では、クラブ視点の企画も充実。レアル・マドリーやバルセロナをはじめ、強豪14クラブが手に入れたい本命は誰なのか、そしてその獲得見込みはどれくらいなのか。それぞれの思惑や戦略を探りながら、5大ターゲットを挙げています。

 前例のない移籍マーケットを攻略するためのポイントが詰まった特集、『秋の移籍バイブル』をどうぞお楽しみください。

 なおインタビューでは、リバプール優勝の最大の立役者と言っても過言ではないサディオ・マネ、そしてチャンピオンズ・リーグ初優勝の期待がかかるアトレティコ・マドリーのコケが登場。世界的なムーブメントになっている人種差別問題に斬り込んだ鬼才サイモン・クーパーのコラムや、各国ジャーナリストがオピニオンを存分に語る連載コラムも楽しめるワールドサッカーダイジェスト最新号を、ぜひご一読ください!

インターネット販売はこちら!

関連記事(外部サイト)