「生涯の夢を叶えた」「ユニホームの傍で…」バルサ電撃入団のピャニッチが身内のパーティーで感涙!

「生涯の夢を叶えた」「ユニホームの傍で…」バルサ電撃入団のピャニッチが身内のパーティーで感涙!

ユーベからバルサに移籍したピャニッチはエモーショナルな気持ちを抑えきれなかったようだ。 (C) Getty Images



 現地時間6月29日、バルセロナとユベントスは、アルトゥールとミラレム・ピャニッチのトレードを発表した。

 両クラブによれば、アルトゥールの移籍金は7200万ユーロ(約86億4000万円)+1000万ユーロ(約12億円)のインセンティブ。一方のピャニッチは、移籍金6000万ユーロ(約72億円)+500万ユーロ(約6億円)のインセンティブになるという。

 今シーズンの終了までは現所属に留まる契約になっているものの、名実ともに人気のある両雄のj事実上のトレードは、世間を大きく賑わせた。

 一部で、この交渉は、新型コロナウイルスの影響を受けた財政悪化のために、バルサが今シーズンの決算となる6月30日までに値の張る選手の売却をする必要があったためと報じられている。だが、それでもスペインの巨星に加わった名手ピャニッチは、今回の契約を大いに喜んでいる。

 移籍決定から2日が過ぎた今月1日、全国紙『Marca』をはじめとする複数のスペイン・メディアはSNSで話題となった一本の動画を紹介した。
 
 そこに映っていたのは、純朴なスターの姿だ。同日に開催された仲間内のパーティーに出席したピャニッチは、小さい頃からの憧れだったというバルサ入団を祝福され、涙ながらに喜んだのである。

 2007年に下部組織から這い上がったメスでプロキャリアを始めて以来、ローマやユベントスなどの名門を渡り歩いてきたピャニッチ。そんな世界屈指のレジスタが見せた涙は、海外メディアでも大きな反響となっている。

『Marca』は、「ピャニッチはバルサのユニホームの傍らで泣いた。その感情を押し殺せなかった」と綴り、ユベントス専門のポータルサイト『JuventusNews24』も、「彼は生涯の夢を叶えた。それによって感激を抑えきれずに泣き出してしまった」と伝えた。

 ユベントスでは3度のスクデット戴冠に寄与したピャニッチ。30歳の天才司令塔は、夢のカンプ・ノウ(バルサの本拠地)でどんなプレーを見せてくれるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)