「メッシは自閉症のガキ」「殴ればいい」元バルサのW杯優勝戦士が過激発言で炎上!同胞後輩の不遇に…

「メッシは自閉症のガキ」「殴ればいい」元バルサのW杯優勝戦士が過激発言で炎上!同胞後輩の不遇に…

98年のW杯優勝メンバーでもあるデュガリーの発言が物議を醸している。(C)Getty Images



 現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節のアトレティコ・マドリー戦で、古巣相手だったバルセロナのアントワーヌ・グリエーズマンは2分しか出場機会が与えられなかった。キケ・セティエン監督のこの非情とも言える采配は、グリエーズマンの父親や弟がSNSで不満を示すなど、物議を醸している。

 これを受けて、過激なコメントをしたのが、バルサOBのクリストフ・デュガリーだ。歯に衣着せぬ発言で知られる元フランス代表FWは、悩める同胞の後輩について、母国メディア『RMC Sport』で「彼は自信を失っており、パフォーマンスが良くない」と指摘。さらに、その原因のひとつがリオネル・メッシにあるとした。

「メッシがもっと彼(グリエーズマン)にパスを出せるのは事実だ。だが、率直に言って、そのことはショックではない。グリエーズマンはボールを失い、酷いプレーぶりだ」
 
 そして、大エースに遠慮がちなフランス代表FWに対し、過激な言葉を送った。

「グリーズマンは誰を恐れているんだ? 150センチしかない半分自閉症のようなガキか?問題があれば、平手打ちをすればいいじゃないか」

 さすがに、この発言は度が過ぎた。非難を浴びたデュガリーは「自閉症の人を傷つけるつもりはなかった」と、謝罪に追い込まれている。

 自身もバルサでは鳴かず飛ばずだっただけに、このクラブでプレーする難しさはよく分かっているはずだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)