横浜FCは“3枚替え”も実らず…武蔵の2ゴールで札幌が盤石の勝点3!

横浜FCは“3枚替え”も実らず…武蔵の2ゴールで札幌が盤石の勝点3!

2ゴールの鈴木が勝利の立役者に。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



 7月4日、J1がいよいよ再開された。ニッパツ三ツ沢球技場で行なわれた横浜FC対札幌の一戦は、2-1で札幌が勝利を収めた。

 横浜FCの布陣は、3-4-1-2。GKは六反、3バックは右から星、田代、小林。ダブルボランチは佐藤と瀬古、右ワイドにマギーニョ、左ワイドに志知。トップ下に松浦、2トップは一美と斉藤光。

 札幌の布陣は、3-4-2-1。GKは菅野、3バックは右から進藤、宮澤、福森。ダブルボランチは荒野と深井、右ワイドに白井、左ワイドに菅。シャドーはチャナティップと鈴木、CFにジェイ。

 試合はいきなり動く。3分、左サイドを突破したチャナティップのクロスに鈴木が合わせる。最初のシュートはDFにブロックされるが、こぼれ球にすぐさま反応し、狙いすました一撃でネットを揺らし、札幌がリードを奪う。

 先制に成功したアウェーチームはパスワークでも優位に立ち、テンポ良くボールを動かして追加点を狙う。局面での連動性ある崩しが際立つ。

 対する横浜FCはリズムをつかみ切れていなかったが、“個の力”で試合を振り出しに戻す。16分、最前線で縦パスを受けた一美が、巧みなターンでDFをかわして前を向き、GKとの1対1を制して、同点ゴールを流し込んだ。

 これでチーム全体の動きも良化したホームチームは、その後もいくつかの決定機を築くも、いずれも相手GKの好守に阻まれてゴールは奪えず。前半は1-1のまま終了した。
 
 両チームとも交代なしでスタートした後半、さっそくスコアボードを動かしたのは札幌だ。53分、スルーパスに抜け出した鈴木が、寄せてくるDFをものともせず、強烈な右足シュートをねじ込んでみせる。

 1点を追う横浜FCの下平監督は65分、一気に両ワイドと2トップの一角を交代させる“3枚替え”と、大胆な采配に打って出る。チームとして躍動感が生まれ、相手陣内でのプレーが増えたが、やや引き気味に構える札幌の守備を崩し切れない。

 終盤は札幌が割り切った戦いを見せ、手堅いディフェンスで横浜FCに隙を与えず。試合はそのまま2-1でタイムアップ。札幌が敵地で貴重な勝点3を掴んだ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】興梠慎三・宇佐美貴史ら50名が厳選した「Jリーグ歴代最強チーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)