高校年代の最高峰リーグはなぜ中止になったのか? その舞台裏と、1年限定で発足した新リーグとは?

高校年代の最高峰リーグはなぜ中止になったのか? その舞台裏と、1年限定で発足した新リーグとは?

昨年は青森山田が2度目の優勝を飾った高円宮杯プレミアリーグ。今季はプレミアリーグのチームを各地域のプリンスリーグに組み込ませる方式となった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 新型コロナウイルスの感染拡大で多くのイベントが影響を受けてきた。スポーツ界も例外ではない。サッカー界も厳戒態勢が続いており、6月27日から再開したJリーグはリモートマッチ(無観客試合)での開催を余儀無くされている。育成年代を見ても、公式戦はほとんど実施できていない。特に全国に跨った移動が多い高校年代は難しい状況に立たされている状況だ。

 高体連は4月26日にインターハイの中止を決定。冬の高校サッカー選手権は開催の方向で動いているが、依然として予断は許さない。Jリーグの育成組織や街クラブのチームも7月中旬のクラブユース選手権が開催延期となり、秋のJユースカップは中止に追い込まれた。

 その中で6月19日に大きな動きがあった。日本サッカー協会は4月3日に開幕予定だった高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグの中止を決定。今季は各地域のプリンスリーグにプレミアリーグ組を加える形で実施すると決めたのだ。

 各大会の開催見送りや延期が相次ぐ中で苦渋の決断だったのは間違いない。では、水面下でどのような議論がなされ、2度の開幕延期の末に中止を決定したのか。日本サッカー協会副会長兼競技会委員長でもある高円宮杯実施委員長の林義規氏は今回の経緯をこう説明する

「4月の段階では新型コロナウイルスが収束すれば、選手たちにプレーの機会を与えられると考えていました。試合数が減っても開催できるのであれば、プレミアリーグは昇格と降格を設けた上でやるつもりだったんです。プレミアリーグの監督とはWEB会議を何度も開催しましたが、(緊急事態宣言が発令されていた4、5月は)1日、2日で世の中の状況が変わっていきました。一縷の望みを賭けて2度の開幕延期をしながら開催の可能性を探ってきた中で、9月以降であれば何とかできるのではないかとは思っていたんです。ただ、プレミアリーグは各県を跨ぐ移動を伴うので簡単ではありませんし、プレミアリーグの方向性を決めないと、プリンスリーグや都道府県リーグも動きを決められません。また、クラブユース選手権や高校サッカー選手権などとスケジュールを調整しないといけませんし、新たな形式でリーグ戦を行なうのであれば準備の時間も必要になります。したがって、8月下旬頃に開幕するのであれば、6月中旬までに開催の是非を決めないといけませんでした。その観点から中止を決断し、9地域のプリンスリーグにプレミアリーグのチームを絡ませる方式になったんです」

 選手たちからすれば、残念な決定ではある。しかし、予防策や特効薬もない以上はリスクを負えない。難しい決断を迫られた中で、運営側が重視したのは“選手たちから公式戦を奪わないこと”だった。
 

「プロを目指すにしても、大学に進学するにしても公式戦ができていないので、選手たちが気の毒な状況になっている。僕たちがなんとしてでも大会やプレー環境を守らないといけない」(林氏)

 万が一、開催の判断を後ろに倒せば、新たな大会を準備する時間が取れない。そうなると、今度は代替のリーグ戦を行えない可能性が出てしまう。結果的に身動きが取れなくなれば、選手たちは公式戦を戦えない。それを避けるために早い段階でプリンスリーグに吸収する形をとったのだ。

 公式戦の新設により、都道府県のリーグ戦も含めて再開できる骨子が固まった。いずれも昇降格を設けない形になるが、選手たちにとって公式戦の実施は希望になるはずだ。

“新”プリンスリーグについては現在詳細を詰めている段階だが、リーグの主な方針はJFA(日本サッカー協会)側で策定した。例えばAチームとBチームがプレミアリーグとプリンスリーグに所属する青森山田、鳥栖U-18については、各地域やチームの判断で同じリーグに所属することを認めた。

 また、レギュレーションなどは各地域が適宜判断していく。リーグの開幕は8月下旬を基準にしているが、各地域の状況次第ではスタート時期を前後させることも可能。リーグ戦の方式についても地域ごとに策定できる見込みだ。関東は参加チーム数の関係で、従来のプレミアリーグ(8チーム)とプリンスリーグ(10チーム)の枠組で戦う予定。同様に合計14チームが所属する関西も7チームずつに分ける方針で、奇数による不都合を避けるために昨季までプリンスリーグに所属していたチームを特例で参加させる施策も検討中だという。

 そのほかのルールも各地域で定め、交代枠は無制限にならない範囲で決めてもらい、選手のメンバー登録枠についても柔軟に対応する。

 新型コロナウイルスが発生した場合の処置についても、JFAと各地域サッカー協会が試合に関わる全ての人の健康と安全を守ることを第一に考えた決まり事を共有したうえで動いていく。

「様々なケースがあるので、地域ごとに対応していきます。ただ、基本的な考えとしては感染者が出て全てのリーグを止めるのではなく、安全を担保した上でなるべく開催していきたい。何チームも感染者が出てしまうと考えないといけませんが、基本的には状況に応じて各地域の担当者が協会に相談をするように伝えています」(林氏)

 未曾有の危機と向き合いながら、開催にこぎつけた育成年代のリーグ戦。簡単な決断ではないが、全ては選手たちのためにある。開幕延期から約3か月。新型コロナウイルスに気を配りながら、日本サッカーの未来を担う若者たちの時間が動き出す。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)
 

関連記事(外部サイト)