ともに“次の1点”が奪えず。横浜FCと仙台の一戦は1-1のドロー決着

ともに“次の1点”が奪えず。横浜FCと仙台の一戦は1-1のドロー決着

見事な胸トラップから先制ゴールをゲットした一美。高い技術で決定的な働きをこなした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



[J1第4節]横浜FC1-1仙台/7月12日/ニッパツ

 有観客試合(観客数2235人)となった横浜FCと仙台の一戦は、1-1のドロー決着となった。

 横浜FCは3-5-2の布陣。GKは六反、3バックは右から星、小林、袴田、中盤3枚は佐藤、瀬古、松浦、両ワイドは右にマギーニョ、左に志知、2トップは一美と斉藤光。

 仙台は4-3-3の布陣。GKは小畑、4バックは右から蜂須賀、吉野、平岡、石原、アンカーは椎橋、インサイドハーフは松下と関口、3トップは右からジャーメイン、長沢、A・ゲデス。

 横浜FCのペースで試合が進むが、最初の給水タイムまで両チームとも、これといった見せ場を作れず。やや劣勢だった仙台は、23分に蜂須賀の好クロスからチャンスを迎えるも、これはA・ゲデスのコントロールミスでシュートには持ち込めなかった。

 その後も横浜FCは攻めあぐねていたが、38分についに均衡を破る。セットプレーからゴール前で受けた一美が、見事な胸トラップから左足シュートでネットを揺らした。
 
 ビハインドを背負った仙台は、前半アディショナルタイムに2度、クロスを起点に好機を得るも、いずれも決め切れず。スコアは1-0のまま、横浜FCのリードで前半は終了。

 後半はスタートから仙台がリズムを掴み、敵陣でのプレー回数が増える。その流れから57分、マギーニョに競り勝ったA・ゲデスがゴールに突き進み、狙いすましたシュートで同点弾を流し込んだ。

 両者譲らぬ展開のなか、お互いに選手交代などで変化を加えて“次の1点”を狙うが、奏功せず。結果は1-1で勝点1を分け合う結果に。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第4節PHOTO】横浜FC1−1仙台|一美が今季2得点目にA・ゲデスがJ初ゴールも互いに次の得点が奪えずドロー決着
 

関連記事(外部サイト)