【鳥栖】「一個取れれば乗っていける」梁勇基が新天地での初先発で存在感! 初勝利はお預けも次戦に意欲

【鳥栖】「一個取れれば乗っていける」梁勇基が新天地での初先発で存在感! 初勝利はお預けも次戦に意欲

初先発で存在感を示した梁勇基。写真:滝川敏之



[J1リーグ4節]鳥栖0-0広島/7月12日/駅前不動産スタジアム

 鳥栖は広島相手に物怖じしない積極的な攻撃で、何度もチャンスを創出した。26分には、左サイドの本田風智からのパスを受けたチアゴ・アウベスが、巧みなドリブルでペナルティエリア中央に進入しシュート。GKのセーブの跳ね返りを詰めるもネットを揺らせなかった。

 後半も立ち上がりから主導権を握ったが、最終局面で相手のブロックに遭い、なかなかシュートまで持ち込めず。試合終盤には広島の猛攻を受けるも、身体を張った守備で無失点に抑え、スコアレスドローで勝点1を獲得した。

 鳥栖はここまで、いまだリーグ戦で勝利が無い厳しい状況。今季、仙台から鳥栖に加入し、初先発を飾った梁勇基は試合後のフラッシュインタビューに応え、悔しさを滲ませた。

「チャンスもあった中で、勝点3を取れなかったという部分では、悔しいんですけど、本当チームとしてはファイトした試合だったので、これからもっともっと上積みして勝点3を取れるように頑張っていきたいと思います」
 
 結果は出ずとも次につながる内容であったと語るベテランMFは、新天地で初スタメンを飾ると、中盤での効果的なボールキープでタメを作り、正確な配球で攻撃にリズムを生むなど、随所で存在感を示した。

「まだ公式戦の勝ちがないという部分で、自分が入ってチームのために働きながら、初勝利を追い求めた。(勝利を)一個取れれば乗っていけると思うので、それまでみんなで辛抱強くやっていきたい」

 再開後初めてスタンドから観客が見つめるなかでの試合となったが、ファン・サポーターへ、「皆さんに勝点3を届けられるように頑張りますので、一緒に戦っていただきたい」とメッセージを送った梁。次節は7月18日に名古屋のホームに乗り込む。なんとしてでも、サポーターへ初勝利を届けたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)