【横浜】「追いつかれたかなと思ったけど」。ゴールへと導く遠藤渓太の力強い突破力

【横浜】「追いつかれたかなと思ったけど」。ゴールへと導く遠藤渓太の力強い突破力

“横浜ダービー”は先発フル出場で勝利に貢献。1得点・1アシストの活躍を見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[J1第6節]横浜4-0横浜FC/7月22日/日産ス

 圧巻の攻撃力でダービーを制した横浜で、1得点・1アシストのハイパフォーマンスを見せたのが、左ウイングで先発フル出場した遠藤渓汰だ。

 2-0で迎えた65分、水沼宏太のクロスをヘッドで叩き込み、72分には果敢なドリブル突破でふたりのDFをかわし、丁寧なパスでエジガル・ジュニオのゴールをお膳立てした。

 特筆すべきは、E・ジュニオへのアシスト直前のドリブル突破だ。横浜FCのマギーニョ、さらに星キョーワァンのふたりに対応されたが、その“壁”をぶち破った。

「(ふたり目)は見えていなかったかもしれない。きれいに抜ければ良かったけど、前半からわりと縦を警戒していたマギーニョ選手がけっこう食いついてきて、自分も追いつかれたかなと思ったけど、そこから粘って」

 左サイドでパスを受けて、まずはマギーニョと勝負。緩急をつけ、タッチライン際を並走。一度はストップされるが、ルーズボールをすぐに拾い直し、寄せてきた星もかわして、ニアゾーンに侵入。あとは横パスをE・ジュニオに流すだけだった。

 独力での突破力を持ち味とする遠藤らしい、見事なワンプレーだった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第6節PHOTO】横浜4−0横浜FC|13年ぶりの横浜ダービーは圧巻の攻撃力を見せつけたマリノスに軍配!

 

関連記事(外部サイト)