鬼木監督の采配ズバリ!交代出場の三笘のプロ初ゴールを含む3発で湘南を下した川崎が6連勝

鬼木監督の采配ズバリ!交代出場の三笘のプロ初ゴールを含む3発で湘南を下した川崎が6連勝

先制されながら3-1で逆転勝利した川崎。交代出場した選手の活躍が光った。(C)SOCCER DIGEST



[J1第7節]川崎3-1湘南/7月26日/等々力

 J1の7節が7月26日に行なわれ、等々力陸上競技場では川崎と湘南が対戦した。

 公式戦再開後リーグ5連勝と絶好調のホーム川崎は、後半の3ゴールで3-2と逆転勝利した前節のアウェー仙台戦からスタメンを5人変更。負傷明けのジェジエウ、プロ初先発となる旗手怜央、戦列復帰後、途中出場ながら2試合で4ゴールを決めている小林悠らを起用した。

 川崎のシステムは変わらずに4-3-3。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、登里、中盤はアンカーに守田、インサイドハーフに脇坂、下田、3トップは右から家長、小林、旗手の並びとなった。

 一方、前節、鹿島を下してリーグ戦で今季初勝利を収めた湘南のシステムは3-5-2。GKは谷、3バックは右から石原広、大岩、大野、5枚の中盤のセンター3枚は右から齊藤、金子、松田、右ウイングバックに岡本、左ウイングバックに鈴木、2トップには中川、岩崎が入った。

 試合の立ち上がりこそ、湘南が果敢に前に出たが、10分過ぎたあたりから川崎がゲームを支配。好調の小林、家長らを中心に湘南ゴールに迫り、相手に奪われても、素早い攻守の切り替えと、リスクマネジメントでボールを回収し、2次攻撃につなげた。

 もっとも24分の決定機は小林のヘッドを湘南GK谷がファインセーブで阻むなど、前半は0-0で試合を折り返した。
 
 劣勢の湘南は後半の頭から中川に代えて2トップの一角にFWタリク、岡本に代えて右ウイングバックにMF古林を投入した。

 するとこの浮嶋監督の采配がズバリ当たる。57分、齊藤からのサイドチェンジを受けた右サイドの古林がクロスを送ると、中で待っていたタリクが豪快なオーバーヘッド。交代出場のふたりが試合を動かした。

 一方、直後に川崎の鬼木達監督も動く。左ウイングの旗手に代えて三笘、インサイドハーフの脇坂に代えて大島を投入。

 すると60分に湘南のCKからカウンターを発動。大島のクリアを拾った三笘が下田に落とすと、下田は前線に一気に走った大島へフィード。大島のパスを受けた山根が抜け出して同点ゴールを決めた。

 今季、川崎に加入した山根は古巣の湘南を相手に、前節に続く2試合連続ゴールとなった。

 そして78分には石原広のトラップミスを見逃さなかった三笘が左サイドからドリブルで中へ持ち込み、GKのニアを抜くシュートで川崎が逆転。三笘は嬉しいプロ初ゴールとなった。

 さらに88分には直前に指揮官がピッチに送り出したばかりの田中がダメ押しの3点目を奪い、川崎が3-1で勝利。

 鬼木監督の采配で逆転勝利を収めた川崎はこれでリーグ6連勝。首位を快走している。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第7節PHOTO】川崎3−1湘南|山根が古巣相手にゴール!途中出場の三笘、田中も決め6連勝で首位快走!

関連記事(外部サイト)