"至宝"エムバペをめぐる「サスペンス劇場」にフランス中が震撼。フットボール再開の狼煙がまさかの悲劇に――【現地発】

"至宝"エムバペをめぐる「サスペンス劇場」にフランス中が震撼。フットボール再開の狼煙がまさかの悲劇に――【現地発】

表彰式でマクロン大統領と会話するエムバペ。松葉づえをつきながらの痛々しい姿で登場した。 (C)Getty Images



 7月24日に行なわれた伝統のフランス・カップ決勝で、約3か月半ぶりにフットボールが再開したフランス。パリ・サンジェルマンがサンテティエンヌを1-0で破り、戴冠を果たした。

 だが、茶の間の喜びはあっという間に不安にとって変わり、翌25日の朝刊各紙には痛々しいキリアン・エムバペの写真がずらりと並び、この至宝をめぐる「サスペンス劇場」が開幕してしまった。

 公式戦の再スタートが奇妙な光景になることは、誰もが予想していた。会場に入れるのは主催者やクラブ関係者、ジャーナリストらを含めて5000人まで。結果、観客数は計2805人で、8万人収容のスタッド・ド・フランスには静けさが漂い、マスクばかりが目についた。

 恒例の大統領の激励も、握手なしのアジア風挨拶。優勝セレブレーションも、プレジデントスタンドではなくピッチ上の仮設表彰台でおこなわれ、大統領の手どころか選手が自分の手でメダルを首にかけるという異様さだった。

 だが、それらはある程度予想できてもいた。一旦鎮まったかにみえた新型コロナウィルスが再び不気味な上昇傾向を見せているだけに、人々も覚悟してテレビの前に座り、人生にフットボールが戻った喜びのみを噛みしめようとしていたのだ。

 しかし、誰も予期していなかった事態が起きた。まさかのエムバペのケガだった。試合後、右足首を厳重に固定され、2本の松葉杖をついて現れた"怪物"は、不自由そうに表彰台に上がると、心配するエマニュエル・マクロン大統領にこんな言葉を漏らしたという。

「踝(くるぶし)が弾けたみたいな感じだったんだ」――。

 これでフランスはサスペンスに突入した。「エムバペ・サスペンス連続ドラマの開幕予告」(『L’EQUIPE』紙)である。

 今週金曜日に行なわれるリーグカップ決勝、リヨン戦の出場は、もはや絶望的。問題はチャンピオンズ・リーグ(CL)の「ファイナル8」だ。その初戦となるアタランタ戦は8月12日に設定されている。今年はコロナ禍による特別フォーマットのため、一発勝負。負ければそこで敗退となる。

 これにエムバペが出られるのかどうか。出られない場合、パリSGは勝利できるのか――。フランス中のフットボールファンはいま、この点に注視している。

 アタランタ戦に出場できてもできなくても、フランスはこれから連日エムバペの話題で騒がれることだろう。なにしろ今回の試合でも、エムバペがいなくなった途端にパリSGのプレーはトーンダウン。「試合の3分の2が11対10だったにもかかわらず、彼なしだとパリのクラブは4回のチャンスしか作れなかった」(『L’EQUIPE)紙)からだ。

 一方、エムバペにレイトタックルをしたサンテティエンヌDFロイック・ペランにも、残酷な日々が予告された格好だ。チームのエムブレムとして長い時間を過ごしてきたキャプテンは、今回のフランス・カップ決勝を最後に引退することにしていた。ところが、花道を飾ろうとして裏目に出てしまった。

 映像をよく見ると、ペランの足はボールを必死に追っており、意図的に汚いタックルを見舞わせたものではないことが明らかになっている。だがエムバペのスピードは尋常の選手のそれとは異なるため、完全に遅れたタックルとなり、不幸にもエムバペの右足を下敷きにしてしまった。

 ペランは直ちにエムバペに謝罪し、エムバペも非難しなかったが、ヴァンサン・デュリュック記者は、「ペランにとっては確かに残酷だ。だが悪い理由でプレーしたというファウルもある。ずっと前から引退を遅らせていたからで、アポテオーズ(快挙を成し遂げて味わう最高のフィナーレ)と引退記念試合を混同して、彼を晒し物にしたのも残酷だった」とチクリ。表彰式でも、ペランは暗い表情で呆然と彷徨っていた。

 だがこれらも全て、フットボールの魅力と言えば魅力だ。興奮、歓喜、サスペンス、怒り、苛立ち、サプライズ、地獄、悲涙、苦悩、苦痛、そして滅多にこないが時に訪れるアポテオーズの陶酔――。何はともあれ、フランスは、ついにフットボールを再開したのだ。

 エムバペの検査結果は、25日夕に判明。骨折は免れたものの、踝(くるぶし)を捻挫していたことがわかった。ただ、その度合いを見究めるにはさらなる精密検査と観察が必要で、これには数日かかる見通しだ。

 エムバペはケガの後、直ちに踝を固定して保護。その後、パリに隣接するヌイイ・シュル・セーヌの高級病院「オピタル・アメリカン(アメリカン・ホスピタル)」でスキャン検査を受けた。この結果、ケガの部位に骨折は認められず、最悪の事態だけは避けられたという。これで本人はもとより、パリSGも関係者も、まずは安堵したところだ。

 だが捻挫は、軽く見ると後遺症が残る厄介な代物。痛みがとれても、下手に動かせば内出血や歪みを引き起こす。また今回のエムバペのケースでは、右踝の外側に損傷が起きた可能性もあるという。

 このためクラブは慎重を期して数日間の経過観察と再検査をする意向で、リーグカップ決勝出場は絶望的になった。そして、アタランタ戦の出場も不確実となった。パリSGの代名詞である前線の「カトル・ファンタスティック」(ファンタスティックな4人)から、エムバペが消える可能性がゼロではない。

 「今年こそ大きな夢へ!」と待ち構えていたパリSG。はたしてこの夏、CLでどこまで勝ち進むことができるのか。首都のクラブでは、不安が高まっている。

取材・文●結城麻里
text by Marie YUUKI

関連記事(外部サイト)