【J3】今季初失点も…秋田は3-1で相模原に快勝!クラブ初の7連勝で首位固め。2位で並ぶ熊本と鳥取はドロー決着

【J3】今季初失点も…秋田は3-1で相模原に快勝!クラブ初の7連勝で首位固め。2位で並ぶ熊本と鳥取はドロー決着

1G2Aでチームを7連勝に導いた秋田の江口直生(C)J.LEAGUE



 J3リーグは7月29日、各地で第7節の9試合を開催した。無失点で6連勝と現在首位のブラウブリッツ秋田が連勝を7に伸ばし、トップを独走している。

 6月27日の開幕以来、無失点で6連勝の秋田はホームのソユースタジアムで8位のSC相模原と対戦。40分にCKからDF韓浩康が頭で合わせて先制に成功すると、さらに45分、敵陣深くからのFKにFW中村亮太が頭で合わせ前半を2−0と折り返す。後半に入っても攻撃の手を緩めない秋田は69分、前半の2つのセットプレーでキッカーを務めていたボランチの江口直生が、ゴール前のこぼれ球を叩き込み3−0とリードを広げる。

 秋田は守備陣の身体を張ったディフェンスとGK田中雄大の再三に渡るファインセーブで凌いでいたものの、後半アディショナルタイムに相模原のFW三島康平に得点を決められ、開幕からの無失点記録はストップ。しかし、このまま3-1で勝ち切った秋田がクラブ初の7連勝で、首位をがっちりとキープした。

 5勝1敗、得失点+5で並ぶ2位のガイナーレ鳥取とロアッソ熊本の直接対決は、開始4分にホームの熊本がFW谷口海斗がゴールで先制する。一方の鳥取も9分にFW田口裕也が同点弾を決める。その後両チーム勝ち越しを狙うものの、スコアは動かず1−1の引き分けとなった。
 
 4位のAC長野パルセイロはヴァンラーレ八戸と敵地で2−2のドロー。7分に吉村弦のゴールで先制するものの12分に同点弾を浴びる。83分に佐野翼のゴールで再びリードしたが、88分に再度追いつかれた。引き分けたものの勝点1を積み上げ4位をキープした。

 5位のFC岐阜と6位の鹿児島ユナイテッドFCとの上位対決は、アウェーの岐阜が4−0と勝利を収めた。ハーフタイムで交代出場となった岐阜のFW高崎寛之は47分の先制弾からわずか13分の間にハットトリックを達成。85分に中島賢星が加点し4−0と大勝。この結果、順位はそれぞれ5位、6位をキープした。

 7月29日に行なわれたJ3第7節の結果は以下の通り。

八戸2−2長野
沼津1−2岩手
秋田3−1相模原
YS横浜2−1福島
富山3−0藤枝
熊本1−1鳥取
鹿児島0−4岐阜
G大阪230−2今治
C大阪231−1讃岐

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)