WEリーグ初年度は予定数を上回る17の団体が入会申請!審査の末10月に参加チームが決定

WEリーグ初年度は予定数を上回る17の団体が入会申請!審査の末10月に参加チームが決定

Jリーグ加盟クラブの女子チームもWEリーグに申請しているという。(C)SOCCER DIGEST



 一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)は、2021年の秋に開幕を予定しているWEリーグ初年度について、7月31日に入会申請を締め切り、翌8月1日に17団体の入会申請を受理したことを発表した。

 なお、各団体がWEリーグに参入するにあたっては、リーグの理念である「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献すること」を実現するべく、チームの運営やクラブ人員体制など「役職員の50%以上を女性とすること」といったような独自基準が定められている。今後それらの基準をもとに各団体の審査を進め、10月上旬に初年度に参加する6〜10クラブを決定する方針だ。

 申請団体の公表は、現在調整中で、全チームの同意が得られれば発表する予定。内訳としては、なでしこリーグに参加している団体が12チーム。そのほかが5チームとなっている。そのなかには、Jリーグ加盟クラブで新たに女子チームを立ち上げる団体なども含まれている。
 
 日本初の女子プロサッカーリーグとなるWEリーグ(Women Empowerment)は、そのネーミングに、「女子が“サッカー選手”を夢みることができる」「サッカーを超えて、女性活躍社会の象徴となる」などの想いが込められている。

 10月に参入クラブが決定した後は、来年2月から7月の間にプレシーズン大会を開催。リーグ開幕は来年9月で、ホーム&アウェー方式による総当たり戦となる予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】美人すぎる女子サッカー選手、仲田歩夢の厳選ショットをお届け!






 

関連記事(外部サイト)