2連敗の鹿島、1試合を残しルヴァン杯GS敗退決定…3発快勝の川崎は大島僚太が出場2分でゴール!

2連敗の鹿島、1試合を残しルヴァン杯GS敗退決定…3発快勝の川崎は大島僚太が出場2分でゴール!

交代出場から2分後にゴールを決めた大島(中央)。写真:滝川敏之



 Jリーグは8月5日、2月の開催以来、約半年ぶりにルヴァンカップを再開。グループステージ第2節の7試合を各地で開催した。県立カシマサッカースタジアムで行われた鹿島アントラーズと川崎フロンターレの一戦は2-3でアウェーの後者が勝利を収めた。

 新型コロナウイルスの影響で大幅に大会のレギュレーションを変更したルヴァンカップでは、ホーム&アウェーで行なっていたグループステージを1回戦の総当たり方式に変更。各グループ1位と2位チームのうち成績最上位チーム、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)参加の3チームを加えた全8チームで次のステージを戦う。

 第1節で名古屋グランパスに0−1で敗れている鹿島は、敗れれば敗退が決定する。不調のチームだがリーグ戦ここ2試合はFC東京と2−2で引き分け、大分に4−1で快勝とザーゴ監督が掲げる新スタイルも結果が出始めている。

 4−4ー2のフォーメーションでスターティングのラインナップは、GKに曽ケ端、DF右から広瀬、犬飼、町田、永戸、MFはレオ・シルバと三竿のボランチ、右に土居、左に和泉、FWは遠藤とエヴェラウドとなった。

 対する川崎は、再開後のリーグで7戦全勝。総得点も21ゴールと抜群の攻撃力を誇る。4−1−2−3を採用し、GK丹野、DF右から山根、ジェジエウ、山村、車屋、MFはアンカーに守田、インサイドに下田、脇坂、FWは右から旗手、レアンドロ・ダミアン、三笘となった。
 
 試合は、鹿島が前線からの激しいプレスで川崎にボールを落ち着かせない。7分には土居が高い位置でボールをカットし遠藤につなぐと、シュートを選択。これは枠に飛ばなかったものの、鹿島が攻勢を強める。

 防戦が続いていた川崎だったが、次第にボールが繋がり出すと、30分以降次々と鹿島ゴールに迫る。すると43分、右サイドで旗手怜央が放ったシュートはGKに弾かれるものの、ペナルティエリア左でこぼれ球を拾った三笘薫がカットイン。右足でシュートを放つと、DFに当たりながらもゴールに吸い込まれた。

 1−0で前半を折り返した川崎は、ハーフタイムに大島僚太と小林悠を投入。すると47分に早速小林がシュート。これはDFにブロックされるが、こぼれ球に走り込んだ大島が右足を振り抜き、ゴール左に決める。川崎はオープンな展開となってきた隙を突き、さらに加点する。左サイドを駆け上がった三笘がアウトサイドでグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ旗手がこれに合わせる。GKに当たるものの、そのままGKごとゴールラインを割って3−0とリードを広げた。

 負けると敗退となってしまう鹿島は、4枚替えを行なうと、交代出場の伊藤翔が84分に1点を返すと、さらにアディショナルタイムにも得点。しかし追い上げ及ばず2−3で試合終了を迎えた。

 この結果、グループAでは、この日ともに勝利し2勝となった川崎と名古屋が次節グループ突破を賭けて直接対決となる。敗れた鹿島、清水はともに敗退となった。

 鹿島は8日にリーグ戦の9節・サガン鳥栖戦を挟み、12日のグループステージ最終節を清水エスパルスと敵地で戦う。川崎は8日のリーグ9節・大分トリニータ戦後、敵地で名古屋と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)