【ルヴァン杯】C大阪が1位通過に大きく近づく2連勝! 豊川の豪快ショットで浦和を下す|Bグループ

【ルヴァン杯】C大阪が1位通過に大きく近づく2連勝! 豊川の豪快ショットで浦和を下す|Bグループ

貴重な決勝ゴールを挙げた豊川。写真:徳原隆元



 8月5日、ルヴァンカップのグループステージが約半年ぶりに再開。Bグループの第2節では、C大阪対浦和の一戦が行なわれ、1−0でC大阪が勝利を収めた。

 今年2月に第1節が行なわれて以来、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたルヴァンカップ。長い中断期間を経て大会方式も大幅に変更され、BグループではJ2から唯一参加していた松本が、第2節以降の試合は実施しないこととなった(3チーム総当たり)。

 浦和はGK福島春樹が今季初出場。昨年U-20ワールドカップにU-20日本代表として臨んだ鈴木彩艶もベンチ入りを果たした。一方C大阪は、ブルーノ・メンデスがJ1リーグ4節の名古屋戦以来の先発復帰。ルーカス・ミネイロが今季公式戦初スタメンを飾った。
 
 試合は立ち上がりからお互いに高い位置でプレッシャーをかけて、激しくぶつかり合う。しかし、浦和が相手をサイドに追い込む効果的な守備でボールを奪い、ポゼッションで上回ると、何度もゴール前に迫る。しかし、C大阪の堅守を崩し切れず、スコアレスで前半を折り返す。
 
 後半も主導権を握る浦和は、49分にレオナルドがボールを収め、強引なドリブルでペナルティエリア右に進入しシュートを放つも、相手DFのブロックに遭う。その後も敵陣深くで細かくパスを回して相手の隙を窺うも、ラストパスの精度を欠き、なかなかシュートまで持ち込めない。

 76分には武田英寿、伊藤涼太郎と、フレッシュな選手を投入し先制点を狙う。しかし先手をとったのはC大阪だった。カウンターから途中出場の西川潤がペナルティエリア内に仕掛け、相手を引き付けたところで追い越してきた豊川雄太にパスを供給。豊川が豪快に右足を振り抜き、貴重な先制点を奪う。最終的にこのゴールが決勝点となりC大阪が1−0で浦和を下した。
 
 この結果、C大阪が2連勝で勝点を6に伸ばしてグループ単独首位となり、1位通過に王手をかけた。8月12日に開催されるグループステージ最終節は、C大阪が仙台をホームに迎える。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)