【ルヴァン杯】川崎、名古屋が2連勝で次節GS首位突破を懸け激突! 鹿島、清水が2連敗で脱落…|Aグループ

【ルヴァン杯】川崎、名古屋が2連勝で次節GS首位突破を懸け激突! 鹿島、清水が2連敗で脱落…|Aグループ

川崎に敗れた鹿島。ACLに続き、今季ふたつ目のタイトルを失った。写真:滝川敏之



 Jリーグは8月5日、2月の開催以来、約半年ぶりにルヴァンカップを再開。グループステージ2節の7試合を各地で開催した。Aグループでは川崎フロンターレと名古屋グランパスが勝利を収め、ともに2連勝とした。

 川崎は敵地で鹿島アントラーズと対戦。ベストメンバーの鹿島に対し、家長昭博や谷口彰悟ら攻守のキーマンを温存した川崎は、前半こそやや攻めあぐねたものの、それでも43分に大卒ルーキーの三笘薫のシュートで先制。後半も途中出場の大島僚太や先発した大卒ルーキーの旗手怜央の追加点で3点をリードする。終盤に伊藤翔に2点を返されるものの鹿島の反撃を抑えて逃げ切った川崎が3-2で勝利を収めた。川崎は2連勝で勝点を6とした。一方で鹿島は2連敗でグループリーグ敗退が決まった。

 清水エスパルスとのアウェー戦に臨んだ名古屋は、48分にマテウスのFKのこぼれ球に丸山祐市が詰めて押し込み先制。54分にも、GKとの1対1を迎えたマテウスが絶妙なループショットを決め追加点。さらに後半アディショナルタイムにも山崎凌吾がダメ押しの3点目を決めて3-0で快勝した。名古屋は勝点6とし、2連敗の清水は鹿島とともに敗退が決定した。

 この結果、2連勝の川崎と名古屋が8月12日の最終節で、グループステージ首位突破を懸けて激突することになった。準々決勝へは各組1位+2位チームの成績最上位が進むが、引き分けならば両者ともにグループステージ突破が決まる。試合は名古屋のホーム(パロマ瑞穂スタジアム)で、19時キックオフで行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)