【鹿島】チーム作りは「次の段階にある」。川崎に敗戦もザーゴ監督が前を向く理由

【鹿島】チーム作りは「次の段階にある」。川崎に敗戦もザーゴ監督が前を向く理由

思うように結果を出せていないが、ザーゴ監督は目指すべきスタイルの骨格作りに確かな手応えを得ている。写真:滝川敏之



 ルヴァンカップのグループステージ2節の川崎戦は2-3の惜敗を喫し、これで同大会の敗退が決まった。プレーオフで敗れたACLに続き、鹿島はまたひとつタイトルを失ったが、それでもザーゴ監督は「やろうとしている部分は徐々に固まってきている」と前を向く。

 目指すべきスタイルの骨格作りに確かな手応えを感じつつ、「あとは精度やタイミングの微調整をしていかなくてはならないし、個人のミスも減らしていきたい。その迷いの部分を改善していく作業をやっていく次の段階にある」と進捗状況について語る。

 シーズン当初は公式戦6連敗と大失速。その頃に比べれば、「(リーグでの)ここ数試合で勝点7を得ている」ことをポジティブに受け止める。一時期は極度の得点力不足に陥っていたが、「今度は得点できるようになったら、守備面のミスが続いたり。チームとしてそのバランスを模索している段階」に進んだという。

 リーグでの直近の大分戦で4-1の完勝を収めたかと思えば、その数日後に行なわれた先述の川崎戦では敗戦と、まだまだ不安定な戦いが続いている。ただ指揮官は「方向性としては良い兆しが見えてきている」と、正しい道のりを歩んでいると確信している。

 一歩前に進み、足止めを食らう。今後もその繰り返しになるかもしれないが、差し込んだ一筋の光に向かって、ひたすら突き進むしかない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァン杯GS第2節PHOTO】鹿島2−3川崎|大卒ルーキー三笘と旗手が揃い踏み弾!鹿島の反撃を抑えた川崎が、連勝で勝ち点を6に伸ばす

関連記事(外部サイト)