【名古屋】「中学生以来かな…」プロ初“ハット”達成も、前田直輝は冷静にコメント「チームメイトに感謝しています」

【名古屋】「中学生以来かな…」プロ初“ハット”達成も、前田直輝は冷静にコメント「チームメイトに感謝しています」

この日4得点を記録した前田直輝。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[J1・9節]名古屋6ー2浦和/8月8日(土)/豊田スタジアム

 9分間で3得点を決めた名古屋がその後も得点を重ね、6−2と大勝。今季のJリーグで最多得点試合となった。

 なかでも抜群の決定力を見せたのが前田直輝だ。プロ入り後初のハットトリックを達成し、4得点の固め打ちとなった。

 試合後のフラッシュインタビューに応じた前田は、「素直に嬉しいというか、ハットトリックいつぶりだろう?中学生の時にしていたかどうか……。やるべきことをやった結果。触るだけだったり、合わせるだけというボールが来ました。本当に全部良いボールでした。僕は決めるだけと言う形が多くて、チームメイトに感謝しています」
 
 前節の柏レイソル戦で初黒星を喫したチームだったが、「前節の柏戦で、連係が繋がっていないというイメージがあって、監督からももっとこう攻めようとかいろんなアドバイスがあったなかで、左からも、右からも、中央からも、いろんな形から点を取れたのは大きな収穫かなと思います」

 今季最多6ゴールの大勝にも油断はない。
「正直、4得点でも、6点取っても2失点しているところは改善しなければいけませんし、後半の入り方だったり、そういう部分はもっともっと改善できると思うので、またすぐ切り替えて継続できるように準備していきたいと思います」

 名古屋は12日の水曜にルヴァンカップのグループステージ突破を賭けて川崎フロンターレと戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「中学以来かな…」前田直輝のハットトリック達成ゴールシーン
 

関連記事(外部サイト)