ガンバがパトリックの劇的AT弾で執念の3ポイント! 横浜FCは後半巻き返しも泥沼の5連敗

ガンバがパトリックの劇的AT弾で執念の3ポイント! 横浜FCは後半巻き返しも泥沼の5連敗

小野瀬(8番)のゴールへの積極性が先制点をもたらした。写真:徳原隆元



[J1リーグ第9節]G大阪 2−1 横浜FC/8月8日/パナスタ

 ガンバ大阪が劇的な勝利で3ポイントを奪取した。

 新加入の昌子が今季初のJ1先発を果たし、負傷離脱していたアデミウソンが4試合ぶりの復帰と、ついにベスト布陣を構成するに至ったホームチーム。最終ラインから丁寧にパスを繋ごうとする横浜FCに怒涛のフォアチェックで襲い掛かり、キックオフ直後からがっちりと主導権を握った。

 小野と井手口の2列目コンビがファーストプレスの担い手となって全体のラインを押し上げると、宇佐美を中心軸に縦横無尽の攻撃を展開していく。コンスタントにシュートチャンスを掴み、迎えた34分に均衡を破る。小野の横パスを敵ゴール前20メートルの位置で待ち構えた小野瀬がダイレクトで叩き、これがアデミウソンに当たってゴールイン(記録上はアデミウソンの得点)。GK南にとってはノーチャンスな弾道だった。

 反撃に出たい横浜FCは松尾、佐藤、皆川らが陣取る左サイドを起点に攻略を図るも、なかなかアタッキングサードまで踏み込めない。ならばと長めの球で揺さぶったが、G大阪の昌子、三浦、キム・ヨングォンの強力3バックに圧倒的な対人守備力で立ち塞がれ、まるで好機を生み出せない。
 
 先制すると今季無敗のG大阪は、スローダウンしながらも巧妙に横浜FCを罠にはめ、反撃の糸口を与えない。後半に入ってもペースは変わらず、着実にゲームプランを遂行していく。

 だが61分、手痛いミスが流れを台無しにしてしまう。敵のスルーパスに上手く対応した左サイドの藤春がGK東口へバックパス。これがショートして皆川に狙われ、東口と交錯したこぼれ球を斉藤光に押し込まれたのだ。

 宮本監督は直後に倉田、パトリックを投入して活性化を図るも、失点から一気に攻守のリズムが乱れ、横浜FCの勢いに圧倒される。67分に斉藤光に至近距離弾をお見舞いされ、76分にも皆川の決定打をかろうじて東口が凌ぐなど、自陣に釘付けとなる時間帯が続いた。

 83分、G大阪は右サイドの小野瀬のクロスをパトリックが頭で豪快に合わせてネットを揺すったが、これは惜しくもオフサイド。福田や渡邉を投入しても攻撃の閉塞感は打開できないまま最終盤へ……。

 そしてパナスタに、ミラクルが起こる。後半アディショナルタイム94分、パトリックが強烈なヘディングを決めてラストワンプレーで勝ち越しに成功したのだ。

 試合はこの直後に終了。首位・川崎フロンターレを追うG大阪は土壇場で3ポイントを強奪し、一方で後半に巻き返した横浜FCにとっては悔しい黒星。5連敗となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)