止まらない川崎!ルーキー三笘の公式戦2試合連続弾&L・ダミアンのゴールで大分を下し8連勝!!

止まらない川崎!ルーキー三笘の公式戦2試合連続弾&L・ダミアンのゴールで大分を下し8連勝!!

先制点を決めた三笘。リーグ戦初先発で結果を残した。(C)SOCCER DIGEST



[J1第9節]川崎2-0大分/8月8日/等々力

 J1の9節が8月8日に行なわれ、等々力陸上競技場では川崎と大分が対戦した。

 公式戦再開後リーグ7連勝(ルヴァンカップを含めれば8連勝)と絶好調のホーム川崎は、先日、月間MVP(2、7月)に選ばれたMF家長と右SBの山根が欠場。一方で今季の新助っ人DFジオゴ・マテウスが右SBでJリーグ初出場を果たした。

 川崎のシステムは変わらずに4-3-3。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右からD・マテウス、ジェジエウ、谷口、登里、中盤はアンカーに田中、インサイドハーフに脇坂、大島、3トップは右から小林、L・ダミアン、三笘の並びとなった。

 一方、大分は3-4-2-1。GKはムン・キョンゴン、3バックは右から刀根、鈴木、三竿、ボランチは島川、長谷川、右ウイングバックに小出、左ウイングバックに香川、2シャドーに田中、渡、CFに澤が入った。

 好調な川崎は試合開始5分に先制する。CB谷口の縦パスからL・ダミアン、小林、脇坂とリズムよくつないで左サイドから三笘がシュート。リーグ戦では初先発となった大卒のルーキードリブラーがネットを揺らした。三笘は3日前のルヴァンカップ・鹿島戦に続く2試合連続ゴールとなった。

 その後も前からの果敢なプレスで試合の主導権を握った川崎は、飲水タイム直後の25分に追加点を奪う。プレスから相手のミスを誘発すると、パスをカットしたL・ダミアンが相手エリア内でDFを巧みにかわしてゴールを決めた。
 川崎の2点リードで折り返した後半は、大分が三平、高山らを投入して反撃を試みるも、なかなかシュートまで持ち込めない。

 対する川崎は強度の高い守備と、的確なパス回しで後半も安定したパフォーマンスを披露。大分にチャンスを作らせない完勝劇で、リーグ戦での連勝を8(ルヴァンカップを含めれば9連勝)に伸ばし、再びクラブ記録を更新した。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

関連記事(外部サイト)