「本当に幸せ」「もっともっと上へ行きたい」清水、ヘナト・アウグストが待望の今季初ゴールに歓喜の笑顔

「本当に幸せ」「もっともっと上へ行きたい」清水、ヘナト・アウグストが待望の今季初ゴールに歓喜の笑顔

85分、ゴール右に突き刺したヘナト。写真:金子拓弥



[J1リーグ9節]清水3−1札幌/8月8日/アイスタ
 
 清水エスパルスのヘナト・アウグストが出場5試合目で待望の今季初ゴールを決めた。
 
 右足一閃。1-1の同点で迎えた試合終了間際、放たれた強烈なシュートは、札幌GK菅野孝憲の手をかすめながらもゴール右隅に突き刺さる。今シーズンいまだ無得点だった男が奪ったゴールは、インパクトの残るビーティフルゴールだった。

 チームを勝利に導く決勝点に対し、本人は試合後、「点を決められて本当に幸せです。チームメイトと喜びたい」と笑顔でコメント。またインタビューの中では長かった新型コロナによる中断期間に関しても触れ、「サッカー人生の中では一番苦しい時期だった。考えることがたくさんあったが、学ぶこともたくさんあった」と振り返っている。

 今後に向けては、「チームの中で段々成長できていると思う。それでももっともっと成長して、上へ行きたい」と力強く話している。

 上昇気流に乗ったブラジル人助っ人の活躍には、今後も注目していきたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)