【横浜FC】3バックと4バックを「ポジティブに」併用。下平隆宏監督の狙いは?

【横浜FC】3バックと4バックを「ポジティブに」併用。下平隆宏監督の狙いは?

直近2試合はシステムを変更。下平監督は「3バックがダメだから4バックにした、という感じではない」と語る。写真:徳原隆元



 リーグ再開後は、慣れ親しんだ4-2-3-1ではなく、新機軸3-5-2で戦っていた横浜FCは、直近2試合(ルヴァンカップの鳥栖戦、リーグのG大阪戦)は4-4-2を採用。この変更について下平隆宏監督は「ビルドアップなど攻撃のところは、システムが違ってもやることは変わりません。どちらかと言えば守備を考えて4-4-2にしました」と明かす。

 3バックから4バックに戻したのは「単純に、伊野波(雅彦)と(カルフィン・)ヨンアピンが復帰できたことが一番大きい。彼らふたりで十分に防げるので」と、実績十分の2CBへの信頼を口にする。さらに4-4-2という布陣については「後ろを4枚にして、中盤を4枚にすれば、中盤のところでプレッシャーがかかりやすくなるし、フィルターになる」という狙いがあったようだ。

 今季は3-5-2が主軸になるかと思われたが、どうやらそうではなさそうだ。

「元々、4バック一辺倒だと相手にも読まれますし、3バックもチームとして持ちたかった。本来の考えは、3バックがしっかり機能して、手応えがあったなかで……それはもちろんあるんですが、結果が出ているなかで4バックも繰り出したかった。

 僕の中では、3バックがダメだから4バックにした、という感じではありません。結果的にはそうなっていますけど、どちらかというとポジティブに、3バックも4バックも併用していきたいと思っています」
 
 先日のG大阪戦は1-2の敗戦。1-1で迎えた終了間際にCKから決勝点を奪われて勝点を逃した。集中力の持続やセットプレーの守備に課題を残した一方で、最初の失点は相手のシュートが他の選手に当たってコースが変わるアンラッキーな形ではあった。ある意味、4バックでも“完全に崩された失点”はなかったという見方もできる。

 下平監督は「ゲーム自体の内容は良かった」とG大阪戦を振り返る。もちろん、内容が良くても結果につながらない現状を重く受け止めてはいるが、システムに関係なく、強豪クラブと十分に伍して戦えているという感触はある。

 リーグでは現在、5連敗を含む6戦勝ちなしと苦境が続いている。総失点20はリーグ最多の数字。そうした悪い流れを変えるためにも、3バックと4バックを適時使い分ける指揮官は、次はどんな戦略を立てるか。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】あの時、君は若かった…厳選写真で振り返るレジェンドたちの“ビフォーアフター”(国内編)

関連記事(外部サイト)