タイの“メッシvs英雄“に生中継された母国からも声援!エスパルスが仕掛けたプロモーションとは?

タイの“メッシvs英雄“に生中継された母国からも声援!エスパルスが仕掛けたプロモーションとは?

清水全選手の名前がタイ語で表記された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 今シーズンのJリーグには5人のタイ人選手が所属しているが、8日に行なわれた清水エスパスパルス対北海道コンサドーレ札幌の試合では、“タイのメッシ“ことチャナティップ、と”タイの英雄“ティーラシン・デーンダー、そして代表チームの守護神を務めるカウィンの3選手が名を連ねた。清水はこの”タイ・ダービー“で、様々なタイ向けプロモーションを実施した。
 
 場内での選手紹介はタイ語で行なわれ、ユニホームの名前はタイ語で表記。また、地上波でも生中継され、多くの国民が彼らの一挙手一投足を見守った。さらには、スマートフォンから選手に声援を送れる「リモートチアラー」によって、タイ国内からの声援もスタジアムに設置されたスピーカーを通して届けられた。

 応援の成果もあってか、試合は清水が3-1で勝利。途中出場のティーラシンが随所に持ち味を見せ勝利に貢献したほか、試合に敗れはしたが、今季全試合先発出場のチャナティップも数多くのチャンスを作り出し、タイ代表のエースたる実力を見せつけた。
 Jリーグでのタイ人選手の活躍が日常化し、タイ代表監督を前日本代表監督の西野朗氏が務めるなど、日本サッカーが身近な存在となっているタイ。Jリーグの「アジア戦略」によって、今後もタイ、ベトナムをはじめとしたASEAN地域との友好関係はさらに密接なものとなっていくだろう。
 
 なお次節、清水はこちらもタイ代表で、“悪魔の左足”の異名を持つティーラトンを擁する横浜F・マリノスとの一戦でも、プロモーションを実施する予定。現地サッカーファンの熱狂が目に浮かぶようだ。
 
 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)