Jリーグで相次ぐ試合中止――保健所の濃厚接触者特定までの“空白の時間”。「我々独自でどう判定するか…」

Jリーグで相次ぐ試合中止――保健所の濃厚接触者特定までの“空白の時間”。「我々独自でどう判定するか…」

連絡会議後、オンライン会見に出席した村井チェアマン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 Jリーグは8月11日、NPB(日本野球機構)と専門家を迎え「第13回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。終了後に村井満チェアマンがオンライン会見に出席した。

 J1リーグでは、7月26日に名古屋グランパスの選手ら3名の新型コロナウイルス感染が発覚し、第7節・サンフレッチェ広島戦がキックオフ直前に中止に。さらに8月2日には、J2アビスパ福岡の選手1名に陽性の可能性が非常に高いとの判定が出たため、すでにスタメンが発表されていた第9節・大宮アルディージャ戦も当日に急きょ中止となっていた。

 今回の連絡会議の論点は、試合前日や当日に選手が陽性と判定された際、保健所の濃厚接触者の判断が下されるまでの“空白の時間”。Jリーグとクラブがいかに独自に濃厚接触者を特定し、適切な判断、対処を行なえるかという点にあった。

 村井チェアマンは、全国的に感染者が増え続けるなかで、選手の感染は「今後も起こりえる」としたうえで、「我々独自で濃厚接触者をどう判定するか、保健所の判断が出るまでの“空白の時間”にどのような判断をして、感染拡大を防ぐか。またできる限り試合開催に努力していくのかを話し合った」とし、今後も様々な考え方を議論していくと語っている。
 
「Jリーグとしても独自の濃厚接触疑いの定義について議論を重ねていきます。検査の仕方も通常のPCR検査とは別に、非常にスピーディーに結果判定が出る緊急検査法についても意見交換をしました。いくつかの考え方も複合していきながら、今後運営していきたいと思う次第でございます」

 一方で専門家チームの賀来満夫氏は、濃厚接触者をクラブ独自で把握するためには、しっかりとした行動記録をとっていくことが大切であるとして、あらためて各クラブへの徹底を求めた。

「1時間から2時間単位のなかで、自分がどういう人と会ったかを把握することが必要になってくる。濃厚接触者が分かるのは球団でありクラブなので、行動記録をしっかりとることが保健所に提出したときに、状況把握がしやすくなる。プロ野球・Jリーグともにプロとしてこういったことを徹底することが必要になってきます」

 また試合開催の可否について保健所の濃厚接触者特定が間に合わなかった場合は、「専門家の意見を仰ぎ、Jリーグ・クラブ独自で試合開催を判断することも起きてくる」とした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)