【鹿島】「若手の自分たちが勢いを持って――」高卒ルーキー荒木遼太郎の心意気

【鹿島】「若手の自分たちが勢いを持って――」高卒ルーキー荒木遼太郎の心意気

直近の鳥栖戦では途中出場から得点に絡む働きを見せた荒木。「少しずつ試合に出て、自信がついた」と語る。(C)KASHIMA ANTLERS



 2-0で勝利した直近のJ1第9節・鳥栖戦、勝負を決める2点目に、荒木遼太郎と染野唯月のふたりの高卒ルーキーが絡む。右サイドから荒木がカットインし、裏に抜け出した染野にスルーパス。染野はヒールパスで和泉竜司に落とし、和泉の横パスをエヴェラウドが冷静に流し込んだ。

 特筆すべきは、敵のニアゾーンを鋭く突いた荒木と染野のコンビネーションだ。8月11日のオンライン取材に応じた荒木は、染野との連係について「同期という部分で話したり、けっこうコミュニケーションは取れている。合わせやすいですね」と語る。

 この鳥栖戦では、プロ3年目の20歳のGK沖悠哉が嬉しいプロデビューを飾り、安定したセービングでクリーンシートを達成。チームの今季初となる“無失点”に大きく貢献した。

 ちなみに、和泉が挙げた鳥栖戦のチーム1点目をアシストしたのは染野。若い力が躍動して勝利を手繰り寄せた。こうした“ヤングパワー”について、荒木は次のように語る。

「チーム状況があまり良くないなかで、若手の自分たちが勢いを持って入ることで、この前も勝利につながったと思います。ちょっとではあるけど、自分たちがそうやって勢いを持ってチームに絡んでいければ、もっともっとチーム全体として良くなるんじゃないかと思います」

 荒木自身、確かな手応えがある。「少しずつ試合に出て、自信がついた部分はあります。ただ、まだ課題もあるので、それを修正していきながらやっていきたい」。

 明日のルヴァンカップの清水戦では、まだ果たしていない“初スタメン”の可能性もある。「どんどんチャレンジして、自分の持ち味を出していけたらいい」。もちろん、そのスタンスは途中出場でも変わりはないが、よりプレータイムを長く確保できるはずの先発出場で、これまで以上に存在感を示すパフォーマンスを見せてほしい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第9節PHOTO】鹿島2−0鳥栖|和泉の移籍後初得点&エヴェラウドの3戦連発弾がさく裂!鹿島が鳥栖を撃破し連勝を飾る

関連記事(外部サイト)