「クボが革命を起こす」久保建英が加入2日でもたらした“凄まじい効果”に現地メディア驚嘆!たった24時間で…

久保建英がビジャレアル加入2日でSNSで"凄まじい効果" スペインメディアも驚嘆

記事まとめ

  • 久保建英の移籍決定以降、ビジャレアルのSNSフォロワー数が驚異的な伸び率を示した
  • スペイン全国紙『AS』は、「クボがビジャレアルに革命を起こす」との記事を紹介
  • 入団発表以降の2日間で、ツイッターやインスタグラムなどで計約3万人のフォロワー獲得

「クボが革命を起こす」久保建英が加入2日でもたらした“凄まじい効果”に現地メディア驚嘆!たった24時間で…

「クボが革命を起こす」久保建英が加入2日でもたらした“凄まじい効果”に現地メディア驚嘆!たった24時間で…

ビジャレアルへの移籍が決定した久保。早くも小さくない注目を浴びている。(C)Getty Images



 驚異的な「クボ効果」に現地メディアも目を丸くしているようだ。

 現地時間8月12日、スペイン全国紙『AS』は、10日に久保建英のレンタル移籍が決まって以降、ビジャレアルのSNSフォロワー数などが、驚くべき伸び率を示していると報じた。

「クボがビジャレアルに革命を起こす」と見出しをつけた記事によると、久保の入団発表以降の2日間で、ツイッターで1万5000人(別途英語版で3000人)、インスタグラムで1万人、フェイスブックで2000人、計約3万人のフォロワーを獲得したという。

 また、最も「クボ効果」が顕著なのがツイッターのインプレッション数で、通常は1日約70万回のところ、移籍発表当日に824万9866回を記録。24時間で約1200万回を超えたという。7月のトータルが約2200万回というから、その半分以上を1日で叩き出したことになる。凄まじい数字だ。
 
 そして、この日本代表MFの入団発表は、約9万1000人がライブで視聴。それぞれSNSで投稿された動画の再生数は、日本語での挨拶が110万回、スペイン語の挨拶が49万8000回、本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカへの到着が19万1600回で、合わせて約180万回ビューに到達したと記事は伝えている。

 いきなりとんでもない影響をもたらしている久保。今度はピッチの上での活躍に、期待は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)