【川崎】「特長を活かせるシーンが多い」大型ルーキー・三笘薫が圧巻2発! 旗手との1年目コンビも冴え渡り…

【川崎】「特長を活かせるシーンが多い」大型ルーキー・三笘薫が圧巻2発! 旗手との1年目コンビも冴え渡り…

4戦連発と好調をキープしている三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[J1リーグ第10節]札幌1−6川崎/8月15日(土)/札幌ドーム

 6発完勝を飾った川崎にあって、大卒ルーキー・三笘薫は途中出場ながら2ゴールの活躍を見せた。

 前半こそ、持ち味のパスワークがなかなか思うように繋がらず苦戦を強いられた川崎だが、35分の車屋紳太郎の先制点を皮切りに、後半から攻撃陣がラッシュ。ハーフタイムに投入された三笘がショートカウンターから冷静にGKとの1対1を制して追加点を挙げると、その5分後にはレアンドロ・ダミアンが3点目を決めた。

 さらに63分にも、旗手怜央が巧みな反転からペナルティエリア右までドリブルで進入して中央へマイナスのパスを送り、ふたたび三笘がダイレクトでシュートを放つ。ボールはクロスバーを叩いてネットを揺らした。

 勢いの止まらない川崎は、64分に途中出場したエース・小林悠が87分、90+5分にダメを押す2ゴールを捻じ込み、計6得点の大勝を飾った。

 ここまで公式戦4戦連発。加入1年目ながら圧倒的な存在感を示している三笘は、試合後のフラッシュインタビューに応じ、「前半は押し込まれる形が多くて自分たちの時間が少なかったので、後半に最初のほうで得点できて良かったです」と自身のプレーを総評した。
 
 とくに2得点目は、ともに大卒ルーキーで活躍する旗手からのマイナスのラストパスをしっかりとモノにした。このコンビのホットラインに三笘も手応えを感じている。

「(旗手)怜央がサイドに入った時には、マイナスが空くっていうのは分かっていましたし、彼も僕のところを見てくれるので、本当に感謝したいと思います」

 Jリーグ屈指の攻撃力を誇る川崎では、それだけ得点のチャンスが増える。「自分の特長が活かせるシーンが多いので、得点に繋がっていますけど、本当にまずは守備陣に感謝したい」と語り、相手の積極的な攻撃に苦戦した前半を無失点で抑え、のちのゴールラッシュに繋げたDF陣に感謝を示した。

 今シーズンは左サイドから果敢に切り込み、武器の“ヌルヌルドリブル”で相手を翻弄。得点力でも評価を高め、いまや川崎の攻撃を牽引する存在に台頭した。今後のさらなる成長に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】大型ルーキー・三笘薫の4戦連発弾! GKとの1対1を冷静に流し込む

関連記事(外部サイト)