浦和が広島に1−0で粘り勝ち!レオナルドのPKで得た虎の子の1点を守り切る

浦和が広島に1−0で粘り勝ち!レオナルドのPKで得た虎の子の1点を守り切る

先制ゴールを奪ったレオナルド。PKを冷静に決めた。(C)SOCCER DIGEST



 浦和レッズは8月15日、J1リーグ第10節でサンフレッチェ広島と対戦。1―0で勝利を収めた。

 浦和は前節からスタメンを5人変更。CBには槙野智章、左SBに宇賀神友弥、右サイドハーフには関根貴大、ボランチにエヴェルトン、FWには武藤雄樹が入った。

 一方の広島は前節と同じ先発メンバーに。フル出場中の佐々木、荒木らが引き続き最終ラインを担い、シャドーには浅野雄也と森島司、最前線にはレアンドロ・ペレイラが入った。

 試合が動いたのは開始早々だった。4分にレオナルドのスルーパスに抜け出した汰木康也が、ペナルティエリア内でハイネルに倒されPKを獲得。これをレオナルドがゴール左に突き刺して浦和が先制点を得た。

 幸先良くスタートを切った浦和だったが、その後は耐える時間帯が続く。17分、21分にはレアンドロ・ペレイラの決定的なシュートを浴びるも、GK西川周作のビッグセーブで凌いだ。
 
 後半になっても流れは変わらない。立て続けにチャンスを作っていく広島に対して、浦和がゴール前を固める様相。48分にはL・ペレイラのシュート、さらに51分にはハイネルの絶妙なヘディングを受けた浦和だったが、またも西川のビッグセーブで難を逃れてみせる。

 さらに野津田岳人や東俊也など攻撃的な交代カードを次々に切る広島の反撃は止まらない。浦和はそれでもCBの槙野とトーマス・デン、そして好セーブが光る西川を中心に粘り強く対応していく。75分にはサイドハーフの汰木に変えてCBの岩波拓也を投入。5バックにシステムを変えて逃げ切りを図った。

 その采配が功を奏して見事に虎の子の1点を守り切った浦和が勝利。6試合ぶりにホームで勝点3を勝ち取り、順位をひとつ上げて6位に。一方の広島は8位に留まった。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

関連記事(外部サイト)