「今日の試合の方が…」伝説の14年W杯ブラジル戦でもゴールを挙げたバイエルン戦士がバルサ戦大勝と6年前を比較

「今日の試合の方が…」伝説の14年W杯ブラジル戦でもゴールを挙げたバイエルン戦士がバルサ戦大勝と6年前を比較

ミュラー(右端)の先制パンチを皮切りに、バルサにゴールラッシュを浴びせたバイエルン。写真:Getty Images



  8-2でバイエルンがバルセロナに圧勝したチャンピオンズ・リーグ(CL)の準々決勝。勝ったのがドイツ王者ということもあり、2014年のブラジル・ワールドカップ準決勝でセレソンがドイツに1-7で敗れた、いわゆる“ミネイロンの惨劇”を思い出したファンも少なくないようだ。

 しかも、先制点を挙げたのは、6年前のその試合でファーストゴールを決めた選手と同じだった。そうトーマス・ミュラーだ。

 奇しくも、再び歴史的なゴールラッシュの口火を切る形となったドイツ代表アタッカーは試合後、この2試合を比較して、次のように語った。英紙『Daily Mail』が伝えている。
 
「2014年のブラジルとの戦いでは、そこまでゲームを支配することはできなかった。今日の試合の方がいい出来だったよ。素晴らしいプレーと結果を残せた特別な夜になったね。だけど、また次のゲームは0-0から始まるから、この試合はもう関係ない。僕たちは決勝に進むために、次の試合も勝たなければならない」

 CLの決勝トーナメントでは史上最多得点で勝利したこの試合は、W杯の伝説の一戦をも上回る、会心の内容だったと明かしたミュラー。一方で、勝利にいつまでも酔いしれることなく、視線はすでに次の試合へと向けられている。

 ちなみにミュラーのほかにも、今回の大勝利に貢献したバイエルンのメンバーのうち、GKマヌエル・ノイアーとCBジェローム・ボアテングも6年前のブラジル戦に出場している。
 
 圧倒的な力を見せつけバルサを撃破したバイエルン。開催国ブラジルを叩いて世界制覇を成し遂げたドイツ代表と同じように、このままの勢いで7年ぶりの欧州制覇を成し遂げられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】“ミネイロンの惨劇”を彷彿させる衝撃!バイエルンの圧巻ゴールショーはこちら!

関連記事(外部サイト)