「ゴールへの執念だ」浅野拓磨の“全身突っ込み”弾を現地メディア称賛! 3戦連発で勝利に導く!!

「ゴールへの執念だ」浅野拓磨の“全身突っ込み”弾を現地メディア称賛! 3戦連発で勝利に導く!!

ゴールを決めた後はトレードマークのジャガーポーズでキメた浅野。 (C)Getty Images



 現地時間8月15日に、セルビア1部の第4節が行なわれ、浅野拓磨が所属するパルチザンはラドニク・スルドリツァ戦に3試合連続で先発。2-0の勝利に貢献した。

 浅野はスコアレスで迎えた62分、左サイドから切り崩したSBのクロスに、右サイドから走り込んだ浅野が身を投げ出すようにゴール前に突っ込み、倒れ込みながらも胸に当てて、ネットを揺らした。

 現地局『N1 Info』は「前半にいくつかチャンスを逸していたパルチザンだが、後半に立て直した。62分にはボール奪取から左サイドに展開し、ウマル・サディクがDFを引き付けたところ、日本人選手の前に絶好のボールが供給された。彼は身体を投げ出して、見事に”胸で”押し込んだ!」と称えた。さらに、現地メディア『Danas』は「ゴールへの執念を見せた」と称賛している。

 90分にはサディクがダメ押しの2点目を挙げて完勝。浅野はこれで3試合連続のゴールとなった。また、この勝利でパルチザンは3勝1敗で4位に浮上している。

 次節はインジージャとホームで対戦する。浅野の4戦連発にも期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【動画】浅野の執念のゴールで先制! パルチザン対ラドニク・スルドリツァのハイライトはこちら!
 

関連記事(外部サイト)