「人として尊敬できない」契約寸前で翻意したシルバにラツィオが怒りの声明!父親は「何も決まっていなかった」と反論

「人として尊敬できない」契約寸前で翻意したシルバにラツィオが怒りの声明!父親は「何も決まっていなかった」と反論

ラツィオのオファーを蹴って、ソシエダと電撃契約を交わしたシルバ。(C) Getty Images



 突然の心変わりに、怒りが収まらないようだ。

 現地時間8月17日、2019-20シーズン限りでマンチェスター・シティを退団したダビド・シルバが、レアル・ソシエダと2年契約を結んだことが発表された。ラツィオへの移籍が目前とされていただけに、驚きのニュースだった。

 寝耳に水だったのは、そのラツィオも同じだったようだ。公式サイトで、イグリ・ターレSDが「シルバは選手としてはリスペクトできるが、人間として尊敬できない」という異例の声明を発表している。
 
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によれば、ラツィオとシルバ側は約10日前に年俸約400万ユーロ(約5億円)の3年契約で合意。あとは形式的な署名をするのみだったにもかかわらず、その状況から翻意し、「個人的に交渉を進めていたターレSDを激怒させた」と綴っている。

 ただ、シルバの父親は、「確かなものは何もなかった。ラツィオだけでなく、ソシエダや他のチームからもオファーがあった」とし、こう続けている。

「閉じられたものはなかったし、誰もが好きなように決定することができる。息子はこの反応に驚いている。ラツィオは息子ではなく、エージェントに連絡してきたんだ」

 真相は藪の中だが、この移籍騒動で遺恨が残ったのは間違いなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介
 

関連記事(外部サイト)