川崎がリーグ新記録の10連勝を達成!5-2でC大阪を下し首位を独走!!

川崎がリーグ新記録の10連勝を達成!5-2でC大阪を下し首位を独走!!

川崎 J1新記録の10連勝達成

川崎がリーグ新記録の10連勝を達成!5-2でC大阪を下し首位を独走!!

喜びを分かち合う三笘(写真奥)とL・ダミアン。川崎は5ゴールを奪った。(C)SOCCER DIGEST



[J1第11節]川崎 5-2 C大阪/8月19日/等々力

 J1の11節が8月19日に行なわれ、等々力陸上競技場では川崎とC大阪が対戦した。

 1シーズンでのリーグタイ記録となる9連勝中のホーム川崎は、家長、大島が先発に復帰。システムは変わらずに4-3-3。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、登里、中盤はアンカーに田中、インサイドハーフに脇坂、大島、3トップは右から家長、小林、旗手の並びとなった。

 一方、C大阪は4-4-2。GKはキム・ジンヒョン、4バックは右から松田、M・ヨニッチ、瀬古、丸橋、ボランチは藤田、奥埜、中盤2列目は右に坂元、左に清武、2トップにはB・メンデス、高木が入った。

 先手を取ったのはアウェーのC大阪。7分に左SB丸橋が持ち上がると、そのスルーパスに反応したB・メンデスがGKとの1対1を制した。

 それでも川崎は落ち着いて試合を展開すると、21分に脇坂の技ありFKで同点に追いつく。そして42分には相手エリア内で山根からのパスを受けた家長が丸橋に倒されてPKを獲得。家長が冷静に沈めて川崎が逆転に成功した。
 後半、リードを広げたのは川崎だった。53分、大島、小林、家長、登里とつないで、小林がチーム3点目を奪う。

 一方、58分には3人の交代枠を使った直後のC大阪が1点を返す。左サイドからの丸橋のFKを瀬古が押し込んだ。

 しかし、川崎は攻撃の手を緩めない。75分に途中出場の三笘が決めてリードを広げると、その2分後には三笘が左サイドを突破してクロス、登里のシュートのこぼれ球をL・ダミアンが押し込んで5-2とした。

 先制されながら、5ゴールで見事な逆転勝利を収めた川崎。連勝を10に伸ばし、リーグ新記録を達成した。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第11節PHOTO】川崎5−2C大阪|攻撃陣が爆発!難敵・C大阪を退け、リーグ新記録の10連勝で首位独走!

関連記事(外部サイト)