壮絶な撃ち合いとなった広島対FC東京は3−3のドロー! 終了間際に川辺駿が劇的同点弾

壮絶な撃ち合いとなった広島対FC東京は3−3のドロー! 終了間際に川辺駿が劇的同点弾

劇的同点弾を決めた広島の川辺。勝点1の獲得に貢献した。写真:滝川敏之



 J1リーグのサンフレッチェ広島対FC東京が8月19日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、3−3のドローに終わった。

 立ち上がりはFC東京に攻め込まれたホームの広島は、CBの荒木隼人を中心に守備で耐える。ボール奪取後は自陣から丁寧にパスをつないでポゼッション率を高め、徐々にゲームの主導権を握ると、敵陣に押し込んだ。

 すると14分、広島が先制に成功する。セットプレーの流れから、左サイドの青山敏弘が右サイドへサイドチェンジ。茶島雄介がダイレクトで折り返すと、ゴール前で攻め残りしていた野上結貴が左足のシュートで冷静にネットを揺らした。

 先取点を取られたFC東京は、縦に速い攻撃で対抗。19分、森重真人からのロングボールをディエゴ・オリヴェイラが前線で収め、レアンドロとのコンビネーションから同点ゴールを決めた。さらに22分、アルトゥール・シルバの縦パスを受けた安部柊斗が、そのまま反転して左足を振り抜き、逆転弾を挙げる。

 瞬く間に逆転された広島は、反転攻勢に出る。37分、またしてもセットプレーの流れから青山が右サイドに展開し、ボールを受けた浅野雄也がアーリークロス。攻め残りしていた荒木がバックヘッドで合わせ、同点ゴールを決めた。

 食らいつく広島をFC東京は個の力で突き放す。45分、ペナルティエリア手前の中央という絶好の位置でFKを得ると、キッカーはレアンドロ。ゴール右上に美しい弧を描いたシュートを突き刺し、勝ち越しに成功した。

 撃ち合いを演じた前半とは打って変わり、後半にゲームはあまり動かず。ホームの広島はレアンドロ・ペレイラや東俊希ら切り札を投入しつつ反撃し、猛攻が試合終了間際に実る。90+6分、L・ペレイラが放ったシュートが相手DFに当たり、こぼれ球を川辺駿が詰めたのだ。劇的同点弾が決まり、試合はそのまま3−2でタイムアップ。壮絶な撃ち合いは見応えある3−3のドローに終わった。

構成●サッカーダイジェスト編集部

関連記事(外部サイト)