名古屋、土壇場オウンゴールで劇的勝利、3位に浮上!最下位の湘南はドロ沼の公式戦7連敗に…

名古屋、土壇場オウンゴールで劇的勝利、3位に浮上!最下位の湘南はドロ沼の公式戦7連敗に…

湘南の馬渡と名古屋の金崎が激しく競り合う。写真:田中研治



 J1リーグは8月19日、各地で11節の8試合を開催。Shonan BMWスタジアム平塚では、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスの一戦が行なわれ、アウェーチームの名古屋が1対0で勝利を収めた。

 試合は序盤から名古屋がボールを支配し、チャンスを生み出していく。しかしゴールネットを揺らすには至らず、前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入ると試合は膠着し、互いにチャンスを掴みにくい展開に。しかし、後半アディショナルタイムの92分、名古屋は左CKを得ると、これをマテウスが左足でインスイングのボールを送り込む。これが齊藤未月の頭をかすめ、そのままゴールに吸い込まれた。名古屋が相手のオウンゴールで先制。そのまま1対0で逃げ切り、劇的な勝利を収めた。

 2試合ぶりの勝利を挙げた名古屋は勝点を20として3位に浮上した。一方の湘南は泥沼のリーグ戦5連敗。ルヴァンカップを含めた公式戦では7連敗となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)