公式戦7連敗の湘南、指揮官が語った手応えと改善点「我々らしさを前面に出せた」「あと1枚、2枚…」

公式戦7連敗の湘南、指揮官が語った手応えと改善点「我々らしさを前面に出せた」「あと1枚、2枚…」

湘南を率いる浮嶋監督は、フィニッシュの質の向上を求めた。写真:田中研治



[J1リーグ11節]湘南0-1名古屋/8月19日/BMWス

 リーグ戦では5連敗、公式戦では7連敗となってしまった。

 最下位の湘南ベルマーレは、連敗脱出をかけてホームに名古屋グランパスを迎えた。前半はポゼッションで大きく上回られたものの、カウンターからゴールに迫るシーンも見られた。後半は名古屋の攻撃を粘り強く凌ぐ展開となったが、アディショナルタイムの90+2分に無情の展開が待っていた。名古屋MFマテウスのコーナーキックに対して、齊藤未月がクリアしきれずにオウンゴール。これが決勝点となり、湘南は今節も勝点を積み上げられず、最下位に甘んじた。

 湘南の浮嶋敏監督は試合後のインタビューで、次のように敗戦を振り返った。
「前節の試合と比べて我々らしさを前面に出して戦えたが、勝敗はセットプレーのあと10センチのところだったかもしれない。そこがあと一歩足りなかった部分で、毎回セットプレーでやられる、高さでやられる。もう一回準備していきたい」

 しかし前半は、タイトな守備と攻守の素早い切り替えで名古屋を苦しめる時間帯もあったのは事実だ。指揮官は「しっかりボールに圧力をかけて我々らしいボールの奪い方、カウンターは良かった」とチームに一定の評価を与えた一方で、「点が取れないと最後はこうなる」と決定力不足を嘆くと同時に、それを解消するために必要な事としては「あと1枚、2枚ペナルティエリアの中に入っていくことが必要だと思う」と語った。

 また、今後に向けた改善点としては、「サッカーは最後のシュートや、セットプレーが勝負を決めるという、大きな分岐点になるスポーツだと思うので、そういう部分を改善しなければいけないが、戦い全般で言えば、我々が元々持っているものをしっかり出していくことだと思うし、そこの延長線上で最後の決め切る質を持たなければいけない」と言及。連敗脱出へ向けて、フィニッシュ、セットプレーの質の向上を課題に挙げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J1リーグ最新順位表!

関連記事(外部サイト)