首位川崎、2戦連続で勝利ならず…ルーキー旗手怜央のリーグ初得点で神戸に追いつき2-2ドロー

首位川崎、2戦連続で勝利ならず…ルーキー旗手怜央のリーグ初得点で神戸に追いつき2-2ドロー

リーグ初ゴールを決めた旗手。同点に追いつく得点だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 J1リーグは8月26日、各地で3試合を開催。ノエビアスタジアム神戸では、24節となるヴィッセル神戸対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、2-2の引き分けに終わった。

 前節・名古屋戦で今季初黒星を喫した川崎は、その名古屋戦からスタメン5名を変更。小林悠、大島僚太らが2試合ぶりの先発に返り咲いた。一方の神戸は前節に続き、アンドレス・イニエスタ、トーマス・フェルマーレンが欠場。前節の浦和戦で今季初ゴールの小川慶治朗が2試合連続の先発となった。

 先手を奪ったのは川崎だった。序盤からやや押し込まれていた川崎だったが23分、バイタルエリアでのテンポの良いパス回しで神戸を揺さぶると、大島僚太がペナルティエリア手前の位置から一瞬の隙を突いて右足を一閃。グラウンダーの鋭いシュートでゴールを射抜いた。川崎が幸先よく1点をリードする。

 しかし神戸もすぐさま反撃。30分、左サイドへの大きな展開から、山口蛍がクロスを供給。これを相手DFの背後に抜けた西大伍が右足で流し込み、ネットを揺らす。神戸が同点に追いつく。

 さらに神戸は42分、後方から持ち上がったDFダンクレーからのピンポイントクロスをドウグラスが頭で合わせゴールに叩き込む。神戸が逆転に成功して前半を終えた。

 後半、川崎は脇坂泰斗に代えて絶好調のルーキー三苫薫を投入して勝負に出る。

 立ち上がりの48分、その三笘の突破からチャンスを掴んだ川崎は、小林がシュートを放つもクロスバーを直撃。一方の神戸も53分、カウンターからドウグラスが左足でシュートを放ったが、これは枠を捉えきれず、両者ともにチャンスを生かし切れない。

 しかし75分、川崎はこぼれ球に反応した三笘がダイレクトで旗手怜央にパスを供給。これを胸トラップで収めた旗手が左足を振り抜くと、強烈なシュートが神戸ゴールに突き刺さった。川崎が旗手のリーグ戦初ゴールで同点に追いつき試合を振り出しに戻す。

 その後はともに決定機を掴むものの生かし切れず、2-2の引き分けに終わった。首位の川崎は32として、2位のセレッソ大阪との差を8ポイントとした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第24節PHOTO】神戸2-2川崎|旗手のリーグ戦初ゴールで、川崎が敵地で勝点1を獲得!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?