日本代表の10月のオランダ遠征が事実上決定!今年初となる対戦相手はカメルーンとコートジボワール、国内組の招集は?

日本代表の10月のオランダ遠征が事実上決定!今年初となる対戦相手はカメルーンとコートジボワール、国内組の招集は?

今年初となる日本代表の活動が発表された。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



 JFA(日本サッカー協会)は9月11日、オンライン上で会見を開き、10月に設定されているIMD(インターナショナルマッチデー)での日本代表のオランダ遠征の実施を事実上発表した。対戦相手はカメルーンとコートジボワールとなる見込みだ。

 コロナ禍の影響で、3、6、9月に予定されていた代表活動は中止。予定していた6試合(ワールドカップ・アジア2次予選4試合を含む)が行なえず、このままでは2020年に1試合も戦わないままに終えることになってしまう。

 FIFA(国際サッカー連盟)が定めているIMDは年内では10月の5日〜13日と、11月の9日〜17日の2つの期間が残されている。

 JFAの反町康治技術委員長は、「10月9日にカメルーンと、13日にコートジボワールと対戦する予定。試合の日程は決まっているが、コロナ禍の情勢も考慮し、遠征の期間、具体的なプランはここから練り上げていく」と発表した。

 JFAによると、国内で活動する場合は、入国制限や入国後の活動制限があり、国際試合を行なうことは事実上不可能。しかし、FIFAはアジア圏での試合には制限をかけている一方で、IMDに活動を行なうことは認めている。

 そのため、コロナウイルスの影響が比較的少なく、現時点では日本からの渡航者や日本人に対して入国後の行動に制限を設けていないオランダでの活動を決めた。また、対戦相手については、ネーションズ・リーグを戦っている欧州各国や、10月からワールドカップ予選に突入する南米は現実的に難しく、日本と同様の状況に置かれているアフリカ勢のなかから、「欧州に在住する選手やスタッフでベストチームを組む」と確約してくれたカメルーンとコートジボワールに決定したという。
 
 オランダ入国後の制限はなく、欧州内は帰国後も今のところ制限なしとなっているものの、日本に帰国する場合は、14日間の隔離期間が制定されている。事実上選手選考は海外組が中心となりそうだ。

 反町技術委員長は「選手選考は森保一監督が行なうこと。我々が口を挟むところではない。サムライブルーは常に『ベスト・オブ・ベスト』を選ぶべき」とするものの、国内組では最長1か月間チームから離れる可能性が高く、「非常にデリケートな問題」と語った。

 また、今後のコロナウイルスに対する各国の情勢によっても変化が出てくるため、「現時点で国内組を連れていくのは無理とも言い切れない」としている。

 現地での試合は観客を入れない“リモートマッチ”で行なう意向で、開催時間や生中継、配信などの実現に向け、少しでも日本国内に届くよう鋭意調整中だという。

「とにかく急ピッチで10月の開催に向け準備をしています。確定している部分が少なく正式な発表は後日となりますが、日にちも迫っているため、先行して発表しました。11月の開催も検討していますが、こちらはまだまだこれからとなります」と反町技術委員長は語った。

 このオランダ遠征が、日本代表における“ポストコロナ”への第一歩となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)